スパンコールの使い道 – 意外な素材と

刺繍の使い道木の実と

刺繍の使い道木の実と

刺繍の使い道木の実と

刺繍の使い道木の実と

刺繍の使い道木の実と

あたりまえじゃない素材の組み合わせって、ときにものすごいパワーを持った作品に生まれ変わります。

たとえば、今回の作品がそう。

スパンコールやビーズとともに使ったのは「木の実」。

キラキラした人工的な材料と、自然が生んだ素朴で飾り気のない木の実。

質感の対比も素晴らしいけど、コンセプトの対比もすごく好き。

作ってくれたのは、すっかりおなじみの友人アーティスト。

細かいビーズを黙々と積み上げる作業がクセになってたまらないとのこと。

その気持ち、、、すっごいわかるよ!


刺繍の使い道 – インテリアに取り入れる

小さな手芸屋さんの内輪だけで話題の接着剤「ゴリラグルー」。

刺繍の使い道

接着力と透明度が高くて、名前がファンキーな「ゴリラグルー」。
この「ゴリラ」と刺繍を一緒に使うと面白いことができるかもしれないと、いろいろ実験し始めました。

刺繍の使い道の実験その1

味気のない、お洒落がゼロのリモコンに、刺繍を貼り付けてみる

刺繍の使い道

刺繍の使い道

刺繍の使い道

刺繍の使い道

モチーフ仕立てした刺繍を、ゴリラグルーでぴたっとしっかりと接着できました。
お洒落になったのかはイマイチなところですが、刺繍がついたことによって愛着が湧きました。
大事に扱うようになるので、物持ちが良くなりますね!
あと、リモコンが見つけやすくなりました。

刺繍の使い道の実験その2

「ゴリラ」の力を試す!曲面のものに貼り付ける実験

刺繍の使い道

刺繍の使い道

クリスマスのオーナメントにしようと作っていた刺繍ですが、もっと意外なものじゃないとつまらない!と思い、ツリーを飾るための鉢(バケツ?)に貼り付けてみました。

鉢の側面は、思ったよりも急な曲面でしたが、少しずつ・忍耐強く、貼り付け&圧着作業をして、無事に完成。
かなりがっちり貼り付いています。もう剥がせません。
意外性は◎。見た目もカワイイ。よほどでないとこの鉢は捨てられないので、かなりエコロジー。
イイこと三昧ですね。

刺繍を仕立てるのは苦手、、、という方は、思い切って貼ってみましょう!
それも、布製品ではなくて、意外で身近なものに!愛着が出て、生活の中で刺繍が輝きますよ♪


スパンコールの使い道3 – ガラス絵の具 その2

アーティストの友人とのコラボで探す、スパンコールの使い道。
「ガラス絵の具」と一緒に使うスパンコール その2です。

ガラス容器や瓶の周りにぐるっとカラス絵の具であしらって、スパンコールは「ゴリラグルー」で接着。

子どもたちと一緒に作ると楽しそうですよね。
工作の自由研究にもぜひ♪

照明の当て方を工夫して、ランプのようにもなりました。
怪しげな色彩の間接照明としてもナイス!!
こういう面白いもの、大好物です。

ガラス絵の具

ガラス絵の具

ガラス絵の具

ガラス絵の具

ブログランキング・にほんブログ村へ


ビーズアートショー神戸2020秋 を終えて

先日、ビーズアートショー神戸2020秋が無事終了致しました。
お越し下さいました皆さま、誠にありがとうございました。
また、皆様に暖かいお言葉を頂戴しまして、心より御礼申し上げます。

ビーズアートショーは、出店予定だった春の横浜での開催が中止となり、今回の神戸での開催も直前まで危ぶまれましたが、皆様のご協力のおかげで無事に開催、終了することが出来ました。
会場ではいつもとは多少様子の違う部分もありましたが、主催者及び会場全体も、当店も、出来る限りのコロナウイルス感染防止対策をし、安全な営業を心がけてまいりました。
今回は、コロナ禍でご来場を見送った方々も多いかと思いますので、神戸の様子をこちらでご紹介致します。

刺繍の仕事も、shopの仕事も、すごくキラキラしているので、毎日がバラ色のように思われていることもありますが、実際にはすごく孤独な作業です。
だから、こうして直接、お客様に喜んで頂けていると感じる機会は、私にとっても とても嬉しく、お祭りみたいで楽しみであります。

現在の状況的に、堂々とお客様に是非イベントにお越し下さいとは言い辛いのも事実ですが、また来年以降も十分な感染防止対策と共に、皆様に楽しんで頂ける機会が作れればと考えております。
イベントの詳細等は、決まり次第、随時イベントページにてお知らせ致します。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


お試しに最適♪スパンコール少量パック

スパンコールの少量パックが多数新登場致しました!!

【小さな手芸屋さん】では、スパンコールは1袋 約1000枚入りのパッケージを基本としてご用意していますが、以前から少量パックご要望の声を多く頂いておりました。

今までも、特殊な形のスパンコール(お花型やソレイユ、長方形など)は、少量パックをご用意していましたが、今回はオーソドックスなタイプやコレクション仕様のスペシャルスパンコールまで、少量パックが新登場!!

お試し少量パック

ビーズ刺繍アクセサリーはもちろん、糸通しの状態で小分けされているので、リュネビル刺繍のお試し用としても、お使い頂きやすい小分けパックになっています♪

お手持ちの既製品に少しスパンコールを縫い付けて自分だけのスペシャルデザインにも。ワンポイント、アクセントのご活用にも大変おすすめです☆


スパンコールの色選びに迷ってしまう方、色んな種類を少しずつ使いたい方、1000枚だと多過ぎると感じる方など、ぜひ少量パックからお試しください。
お試し少量パックのご購入は、それぞれの商品ページから、入り数量のオプションをお選びください。

尚、商品の種類によって小分けの入り数が異なるため、数量をご確認ください。
もし、お気に入りの商品が見つかれば、1000枚入り、さらにお得な大入り卸値価格!もございます。


ちなみに、3色のスパンコールを混ぜてリュネビル刺繍のヴェルミセルと言う技法で埋めると・・・
スパンコールのヴェルミセル

同じフィラガンに各色を交互に少しずつ通し替えておいて使うと、まるで印象派の絵画のような仕上がりになります。

フィラガンに移し換える時は、各色ちょっとずつ針ですくって通し変えています。気にいる見た目の色の配合をいろいろと試すのも楽しいです。

お試し少量パック一覧はこちらから

ブログランキング・にほんブログ村へ


ビーズアートショー神戸2020秋*事前登録のお願い*

【小さな手芸屋さん】は、11月26日(木)から11月28日(土)開催予定、ビーズアートショー神戸2020秋 に出店いたします。
(ブース番号:C-40,49)

以下、イベントについて最新のお知らせです。ご確認ください。

現時点では予定通りの開催を目指し、準備を進めています。
開催にあたっては神戸市ならびにホールが定めるコロナウイルス感染予防対策のガイドラインの順守が求められ、出展者・来場者の皆さんの協力が不可欠です。出展者含め、ホールに入場する全ての方の氏名と電話番号を記した名簿作成が求められています。
保健所等から提出の要請があった場合は提出します。それ以外の目的には使用しません。

< BAS神戸・事前登録のお願い >
下記のフォームより登録をお願いします。
https://ws.formzu.net/dist/S10337713/

※当日の入場をスムーズに行うため、事前登録にご協力ください。
※「兵庫県新型コロナ追跡システム」を登録した方は除外されます。
※入場予約(確約するもの)ではありません。ご登録いただきましてもお待ちいただく場合があります。

[入場時の手順]
1.事前登録完了の提示(または所定の用紙に記入)
2.検温(非接触型検温器に手をかざして) (37.5度以上の発熱・せき等、かぜの諸症状が見られる方は入場できません。)
3.手指消毒
4.入場者数カウントのため、ビー玉を1個ケースAからケースBに移します。
退場時はビー玉を1個、ケースBからケースCに移します。 トイレ利用の場合のみ専用出入口をお使いください。

< 当イベントは感染症拡大予防のため以下の対策をいたします >
■収容人数を超えた場合の入場制限
■マスクの常時着用
■手指消毒
■37.5度以上の発熱・せき等、かぜの諸症状が見られる方の入場制限
■十分な換気(入口扉の常時開放・換気システムの常時稼働)
■ソーシャルディスタンス確保 (ブーススペース・通路の拡張)
■来場者の連絡先リスト作成
■レストスペースをホール外(控室)に設置

最新の開催情報は、こちらの「イベント開催に向けてのお知らせ」 Bead Art Show & 素材博覧会 KOBE 2020 公式HP をご参照下さい。

ビーズアートショーのお知らせ

ビーズアートショー神戸2020 素材博覧会と同時開催
日程:2020 年 11 月 26 日(木)から 11 月 28 日(土)
会場:KIITO デザイン・クリエイティブセンター神戸 HP
住所:神戸市中央区小野浜町1-4
阪急、JR、阪神線三宮駅より南へ徒歩15分
時間:10:00-18:00(最終日は17:00まで)
ブース番号:C-40,49 入り口すぐの大きなブースです

ビーズアートショー神戸

ブログランキング・にほんブログ村へ


幻の広島ビーズ

日本のメーカーの良いものをご紹介する「日本企業応援企画」。
企画をはじめた2020春以来、国産のビーズやパール、刺繍道具など、刺繍に使うものにフォーカスして、良いものをご提案してきました。

今回の日本メーカー応援企画第3弾は、「広島ビーズ」!
すでに廃業してしまった「広島ビーズ」というメーカーのビーズを集めました。
今更応援にならないのでは?とも思いますが、作っていた工場さんの応援にはなるはずです!(?)

広島ビーズは、六角小の色のバリエーションが多くて、好きなビーズだったのですが、もう手に入らないのが残念でなりませんね。
そのため、限られた数しか揃えられませんでしたので、お一人様お一つ限りで、数量限定でお願い申し上げます。

いつかまた素敵な「広島ビーズ」に出会えることを祈って、これからも日本メーカーのいいものを探して行きたいと思います!

【小さな手芸屋さん】は日本製の商品の仕入れを増やすことで、微力ながらもコロナ禍の日本企業の資金繰りを応援します!

幻の広島ビーズ

幻の広島ビーズ

その他、「日本企業応援企画」商品リストも、ぜひご覧下さいませ。

ブログランキング・にほんブログ村へ


イベント出店 ビーズアートショー神戸2020 秋

11月26日(木)から11月28日(土)開催予定、ビーズアートショー神戸2020秋 に出店いたします。

ビーズアートショーのお知らせ

スパンコールやビーズの材料販売と作品展示・刺繍デモンストレーションを行います。
新作キット、会場限定のお買い得品やデッドストックものなど、盛りだくさんの楽しい品揃えをご用意しております。
関西の皆様のお越しを心よりお待ちしております♪

ご来場に際しましては、当日の入場をスムーズに行うため、事前登録にご協力ください。
< ビーズアートショー神戸・事前登録のお願い>
下記のフォームより登録をお願いします。
https://ws.formzu.net/dist/S10337713/
※「兵庫県新型コロナ追跡システム」を登録した方は除外されます。
※入場予約(確約するもの)ではありません。ご登録いただきましてもお待ちいただく場合があります。

その他【入場時の手順】など、主催者及び会場のコロナウイルス感染拡大予防対策・指示に、ご協力をいただけましたら幸いです。
詳しい開催情報は、こちらの「イベント開催に向けてのお知らせ」 Bead Art Show & 素材博覧会 KOBE 2020 公式HP をご参照下さい。

ビーズアートショー神戸2020 素材博覧会と同時開催
日程:2020 年 11 月 26 日(木)から 11 月 28 日(土)
会場:KIITO デザイン・クリエイティブセンター神戸 HP
住所:神戸市中央区小野浜町1-4
阪急、JR、阪神線三宮駅より南へ徒歩15分
時間:10:00-18:00(最終日は17:00まで)
ブース番号:C-40,49 入り口すぐの大きなブースです

ビーズアートショー神戸

ブログランキング・にほんブログ村へ


スパンコール付きマスク

2020年、コロナ禍の現在、日々の生活の必需品と言えば、マスク。
外出時には、マスク着用がマナーとなりました。
一時使い捨てマスクが品薄となったのを機に、布マスクを手作りされる方も多いと思います。

ハンドメイドのマスクは、何と言ってもそのデザイン性が魅力的です。
それぞれのお顔にフィットするように、パターン(型紙)や紐の長さを調整出来ますし、お好きな色、柄、装飾を施すことが出来ます。
毎日身に付けるマスクなら、お洋服やアクセサリーに合わせて、オリジナリティーを出せたら嬉しいですよね。

今回、【小さな手芸屋さん】のお客様が、当店でご購入頂いたフランス製スパンコールを使って、とても素敵なマスクをお作りになったのでご紹介します。

スパンコールを刺繍したマスク

顔馴染みの良いナチュラルカラーの生地で作られたマスクに、スパンコールがキラキラと輝き、アクセントになっていて、とても素敵です。
スパンコールも、平丸、ソレイユ、お花型とバリエーションがあることにより、それぞれの異なった煌めきが目を引きます。
また、ダークカラーのマスク紐によって、全体が可愛くなり過ぎず、シックなデザインにまとまっています。

スパンコールは一つ一つ手で縫い付けられ、正にオートクチュール刺繍。
ビーズ刺繍針で、スパンコールの外から中心の穴に向かって、ステッチします。
丸いスパンコールは三方向から、お花型スパンコールはそれぞれの花弁の間をステッチして縫いとめます。

この方法なら、マスクを仕立ててからでも、あるいは市販の布製マスクにも、刺繍することが可能です。
当店とっておきのスパンコールを素敵な作品に使って頂けて、お客様の毎日に彩りを添えることができ、こちらとしても、とても嬉しく思います。

スパンコールを着けたマスクや衣類は、家庭用のおしゃれ着洗いなどを使い、水で手洗い(またはネットに入れて手洗いモード)、陰干しです。

クリーニング屋さんでドライクリーニングをすると、スパンコールは溶けてしまいます。
高温のアイロンを長時間当ててしまうと、ドライクリーニング同様にスパンコールが溶けてしまうので、ご注意ください。

マスクを着けていると顔の大半が覆われてしまい、どうしても表情が控えめになってしまったり、感情も伝わりにくかったりします。
自分だけのオートクチュールマスクを身に付けると、自然に気分もウキウキと上がるかも・・・?
また、普段、お化粧で顔に色味を付けたり、アクセサリーで着飾る様に、マスクでも、スパンコールを付ける事によって、華やかさや自分らしさを演出できます。

魅力的なスパンコールの数々を、ホームページからもぜひご覧ください。

オートクチュール刺繍のお店 小さな手芸屋さん

ブログランキング・にほんブログ村へ


はじめての取材

人生で、生まれてはじめて「インタビュー取材」を受けました。

きっかけは、【小さんな手芸屋さん】を、ハンドメイドsnsサイト「てといと」さんに、ご紹介をいただいたことからでした。

「オートクチュール刺繍」の注目も年々高まっていますし、【小さな手芸屋さん】はオートクチュール刺繍の材料や道具を一般向けに販売する専門店の皮切りでもあること、また、「日本企業応援企画」や「令和2年7月豪雨災害義援金寄付」など、独自の取り組みにご興味を持っていただけたんです。

その「てといと」のご担当の方は、ビーズ刺繍を長年されていたとのことで、ちょうど開催していたうちのイベントにもお越しくださって、そこで、今度インタビューでも、、、と、初の取材につながりました♪

まさに、今後のことを真剣に考えていた矢先でしたし、もっと応援企画のことを多くの方に知ってもらいたいと渇望もしていたので、想いを伝えるための願ってもいないチャンスでした。

イベントやレッスンなど、【小さな手芸屋さん】のお客様、生徒さんと実際お会いする機会があっても、なかなか、ゆっくりとお話をする時間はありません。

生徒さんのなかでも、うちのサイトのことを知らない方もいらっしゃるので、もっと知って楽しんでもらうきっかけになれば嬉しいです。

ルサージュのことや刺繍のこと、今考えていることなど、素敵にまとめて頂いたので、ぜひご覧ください。


インタビュー記事はこちら ↓↓↓↓↓
“高級モードの世界で育まれたオートクチュール刺しゅうは「手しごとの醍醐味」の結晶です!”


ハンドメイド記録サイト「てといと」
「てといと」は、手芸を楽しむ方ならどなたでも利用できるハンドメイド記録サイトです。
イベント、手芸本、インタビュー、Web/TVの紹介、会員同士のコミュニケーションも楽しめる場となっています。
https://tetoito.com/


以下、インタビューの内容を一部抜粋

Q. オートクチュール刺しゅうを学ぶためパリ留学されたきっかけをお聞かせください。

幼い頃からファッションや手しごとが好きだった私がオートクチュール刺しゅうに出会ったのは、中学生の頃。
当時、TVで放映されていた最新のモードの世界を紹介する番組で目にし、そのため息が出るほどの美しさや繊細さにすっかり魅力され「いつか、本場に行って学びたい」という夢をいだくようになりました。

Q. オートクチュール刺しゅうのオンラインショップ「小さな手芸屋さん」は、どんなお店ですか?

帰国後、「小さな手芸屋さん」を2012年にオープンしました。
2015年の出産をきっかけに、独立して運営を始め、現在に至っています。
「小さな手芸屋さん」では、ビーズやスパンコール、ラインストーンといった材料を中心に、オートクチュール刺しゅう専門の針であるクロシェ、専用の刺しゅう枠などを販売しています。

Q. オートクチュール刺しゅうの教室の内容や教室をやっていてよかったと感じることなどをお聞かせください。

生徒さんの多くは、最初は専門の針の持ち方から学ばれます。
そうした方が、どんどん上達されるのを手助けさせていただけるのは、本当に嬉しいことだと思っています。

Q. 今後取り組んでみたいこと、作り手としての夢は?

相次ぐ自然災害や新型コロナウイルス感染症の拡大など、社会全体の揺らぎを実感するにつれ、何らかの形で社会に貢献できれば、と考えるようになりました。ささやかですが、セール品の売上の一部を義援金として寄付するといった活動を行っています。

一人の作り手としては、少しずつ進歩して、一生のうちに納得できる作品をひとつ作ることができればと思っています。現在、子育て中で製作に没頭できる時間がなかなかとりづらいのですが、家族も理解し応援してくれますし、焦りのようなものはありません。オートクチュール刺しゅうは、「ここまでできたらいい」というものではなく、一生をかけて高みを目指すことができるからです。そんな世界に出会えたことに喜びを感じています。


※ インタービューを一部抜粋したものです。
こちらより、全文をご覧頂けます。


気になるけど、ちょっとハードルが高そう…と思われがちなオートクチュール刺繍ですが、インタビューを通して少しでも身近に、一度体験してみよう!と感じて頂けると嬉しいです。