フランス人の指

リュネビル刺繍は左手(=利き手でない方)を酷使する刺繍技法で、手先が細かい日本人でさえ苦労するのですが、

なぜフランス人はこんな器用な技法を思いついて実現できたんだろう、、、と、ぼんやり疑問に思っていたこの頃。

ひょんなことから、なんかわかった気がしました。



彼らは指で物を数える時、日本のように指を折るのではなく、グーの状態(ゼロ)から親指から順に開いていきます。

ピースをするときみたいに手のひらと指を丸めるようにしてやれば私たちでも簡単にできます。

が、実際の彼らの仕草はそうではなくて、

・ 開く指はとてもまっすぐに上に伸びて、
・ 折れている指はパキッと折れてるかのように手のひらにくっついたまま
・ 手の平は丸まっていなくて、フラットで、指だけが折れているような状態

それと同じように真似して1から2まで数えるのは簡単ですが、そこから先は大変。

3の中指を開くときは、一緒に薬指と小指が開かないように、そして手のひらが丸まらないように踏ん張って筋がおかしくなりそうになるし、
4・5の薬指と小指は無理。頑張っても無理。手が壊れるくらいの危機感。

なんでそんなことできるの?と聞くと、「これが当たり前だし」と、当たり前の返答が。。。
本当に他の人も同じようにやっているのか疑い、youtubeで探したら他の人もみんな同じようにできていて驚きました。



手の神経の使い方や力の入り方が全然違うんだなーと気づき、だからリュネビル刺繍の左手の操作もうまいこと考え付いたのかと思い至りました。
勝手な推測ですが。


ルサージュで勉強していたとき、私もみんなと同じように左手に悩み、なるべく左手を使うように生活のなかで心がけていました。
指先の運動やグーパーグーパーしたり程度ですが、ほんの少しのトレーニングから徐々に自身が持てました。
あとはビーズやスパンコールをつける練習あるのみ!
たくさんたくさんステッチすれば、いつかパパパパパ〜と刺繍ができる日が来るはずです 🙂


ミニ刺繍モチーフのバングル

小さな刺繍モチーフは、どうしてもブローチや耳飾りにしたくなりますが、ここは思い切ってワンポイントのバングルに。

刺繍で装飾性の高いモチーフ部分と、金属で細いラインがシンプルなバングルとの対比が思いのほかおしゃれ♪
アンバランスなところが現代的な雰囲気になりますね。

ぐるっとびっしりたくさん大きく刺繍しなくても、粋でかっこいいものができます。

刺繍部分は、裏に布用両面接着テープを貼ってから余白を裏に折り込んで、接着剤でハードフェルトをつけました。
バングル金具をサンドイッチするように、刺繍パーツと皮を接着材でくっつけて完成!

ブログランキング・にほんブログ村へ


リュネビル刺繍のアドバンスレッスン

もっと高度に独学したい方向けのリュネビル刺繍1dayレッスンです。

チェーンステッチやビーズ付けの基礎がだいたいできた方向けで、それ以上のテクニックを学びたいときはこのアドバンスレッスンにご参加ください。
角の曲がり方、往復して埋める方法、ランダムに埋めるヴェルミセル、重要な基礎技法のポワンティレをお教えいたします。
(ビーズやスパンコールをステッチするのに慣れていない方、終わりや始まりのステッチがまだ難しい方は、予定のレッスン内容を全て消化できないかもしれません。)

このレッスンを受ければ、あこがれの作品作りにかなり近づいて来るはずです。
それを応援できるよう、できる限りのご指導いたします。

*レッスンで作品は作りません。テクニックの習得をコンセプトにしたレッスンです。

日程:8月17日(土)
時間:午後のみ 14:00~16:30(延長するかもしれません)
定員:6名 経験者の方優先です 満席になりました
料金:12,960円(税込):先払い、お客様都合のキャンセルの返金はいたしかねます
場所:神奈川県横浜市港北区綱島西2-7-18 タウンアイ2階(イトーヨーカドー綱島店向い)
「レンタルルーム キングドー」

・行き方
東急東横線「綱島駅」より徒歩3-4分
綱島駅の大きい方の改札を背に、右手側の道に出て、左へ進む。バスなどが通る交差点を渡り、直進。1つ目の角を右折し、3ブロック先のイトーヨーカー堂まで進む。その向かいのレトロなレンガの建物の中央階段を2階へあがり、イトーヨーカー堂に面する方へ出て、右側の階段の隣の部屋です。

キングドー地図

【 お申し込み方法 】

こちらのお問い合わせページよりお申し込みください。ご氏名とお電話番号、ご希望の時間をお知らせください。

お申し込み例:

山田 花子

080-9999-1234

8月17日の14:00からのアドバンスレッスンに参加希望 等

*日付・時間のお間違いにご注意くださいませ

*こちらからのお返事が正しく届きますよう、shop@petitemercerie.comというメールアドレスからのメールを受信できるように迷惑メール設定や受信許可設定をお願いいたします。


はじめてオートクチュール刺繍にトライするお客様は、こちら↓↓↓のレッスンが向いております。

https://blog.petitemercerie.com/shugeiyasann/lesson-event/1day-luneville-lesson-201907-yokohama/

他のレッスン情報は、オンラインショップのワークショップページでもご覧いただけます。

https://petitemercerie.com/?mode=f2

ブログランキング・にほんブログ村へ


ビーズアートショー のラインナップ2019

横浜の「ビーズアートショー」で特別に販売する商品のご紹介です♪

色付きラインストーンが盛りだくさん♪

カラーラインストーンのピアス

ラインストーンとビーズを使って、お友達の作家さん「HAUTE FORET」(オートフォレ)が作ったピアスが可愛くてヘビロテ!
(彼女のお野菜アクセシリーズも大好き!)

ラインストーンのサイズと色はさまざま。中にはスワロの貴重なvintageものもあります〜

可愛い色がいっぱい☆ビーズアソート

tohoビーズ特小

tohoビーズの特小サイズの素敵カラーを集めてアソートにしました。
チェコビーズでは揃わない、小さな淡い色合いに注目です!

ラッキーバック!!!

チェコビーズ丸小

この前のアニバーサリーフェアのときに瞬殺されたラッキーバックをビーズアートショー仕様でご用意いたしました。
毎日、朝一に、数量限定で品出しします!
お買い得が詰まってます〜

ブローチのキット

オートクチュール刺繍のブローチ

リュネビル刺繍でもビーズ刺繍でも作れるブローチのキットを新しく作りました!
キット1つで2つのデザインが作れます☆
2つ同時に身に付けるとおしゃれです 🙂
色違いやディティール違いも作って楽しんでいただきたいです!

その他キットもありますよ♪

リュネビル刺繍のキット

ラベンダーの香り袋

お近くの方もご遠方の方も、みなさまのお越しを心よりお待ち申し上げております☆


オートクチュール刺繍の世界 @ ビーズアートショー横浜

日程:6月20日(木)から22日(土)
時間:10:00-18:00(最終日は17:00まで)
ブース:D-17,18,19 会場入り口近くの大きなスペース

場所:大さん橋ホール 最寄り駅は「日本大通り駅」(みなとみらい線)
下車後、港の方に向かって徒歩15分ほど

主催者ホームページはこちら
ビーズアートショー 横浜 2019 夏 のサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ


リュネビル体験レッスンのお知らせ@大阪&横浜

1day 体験レッスン
 IN 阪急うめだ本店10階手芸コーナー

オートクチュール・リュネビル刺繍を本格的にはじめる前に体験してみたい方、独学したい方、なかなかコツがつかめなくて苦戦している初心者の方向けのお気軽な体験講座です。
レッスン内で出来上がる作品はございません。
初心者大歓迎のレッスンです。お気軽な気持ちで体験をしにいらしてください。

日程:5月22日(水)、23日(木)
時間:22日 A) 10:30~ B) 12:30~ C) 14:30~ D) 18:30~
   23日 A) 10:30~ B) 12:30~ C) 14:30~
定員:3名
料金:4,633円(税込)
場所:大阪の阪急うめだ本店の10階 手芸用品コーナー

<お申し込み方法>

事前ご予約制です。お申し込みページ(阪急百貨店のサイト)より受付しております。ご参加を心よりお待ちしております。

1day 体験レッスン
 IN ビーズアートショー横浜

オートクチュール・リュネビル刺繍を本格的にはじめる前に体験してみたい方、独学したい方、なかなかコツがつかめなくて苦戦している初心者の方向けのお気軽な体験講座です。
レッスン内で出来上がる作品はございません。
初心者大歓迎のレッスンです。お気軽な気持ちで体験をしにいらしてください。

日程:6月21日(金)
時間:A) 10:30~ B) 12:15~ C) 14:00~ D) 16:15~
定員:4名
料金:未定
場所:横浜の大さん橋ホールで開催する「ビーズアートショー」の当店ブース内(D-17,18,19)

<お申し込み方法>

5月24日から受付いたします。お申し込み先は、協賛の刺繍枠メーカー「アポロン」様宛となります。こちらの「アポロン」様のホームページのお問い合わせページから、お名前、お電話番号、ご希望の時間をご連絡ください。

ブログランキング・にほんブログ村へ


コサージュの作り方 ワイヤー入り

リュネビル刺繍で作る、立体的なコサージュ

花びらの周りにワイヤーを仕込んだコサージュの作り方の紹介です。
一枚一枚の花びらを刺繍し、束ね合わせて、立体にしています。

花びらを作るところまではリュネビル刺繍のテクニック。
そこから先の仕立ては、布花とか、アートフラワーとか、花飾りなどと呼ばれるコサージュ作りのテクニックを参考にしました。
実際に作ってみて、改善の余地がある部分もありますが、仕立てる筋書きは概ね実用的で完成度も高いと思いました。

刺繍コサージュの作り方

刺繍コサージュの材料

– 生地(オーガンジー)
– ビーズやスパンコールなど刺繍材料
– 刺繍糸
– 造花用の地巻きワイヤー(白い紙が巻かれたワイヤー) … 24号という太いものを使ったところ、硬くなりすぎたので、それよりも細いものの方がいいと思います
– 両面接着芯
– フローラルテープ…改善の余地あり材料、詳しくは記事にて、、、
– ブローチピン(造花ピン)

刺繍の道具

– クロシェやビーズ針など、刺繍テクニックに合わせて…写真のコサージュはリュネビル刺繍テクニックで作りました
– 刺繍枠
– ハサミなど
– チャコピーなど下書き用品

刺繍の仕方

1, 生地に下書きをし、刺繍枠に張ったら、花びらの周りに沿ってワイヤーを縫い付けます。
ワイヤーは長めに残しておきます。

刺繍コサージュの作り方

リュネビル刺繍でつける方法は、ポワンリッシュと言って細いジグザグステッチをするやり方です。

他のコサージュ作り紹介の時に、このジグザグステッチのやり方動画を作ったのでご参考ください↓↓↓↓↓

刺繍コサージュの作り方

2, ワイヤーが縫えたら、中をスパンコールとビーズで刺繍します。
花びらの繊維の列ようにスパンコールをつけ、あえて縫い残しておいて部分にビーズを散らすようにランダムに敷き詰めます。

刺繍が全部終わったら、裏面に両面接着芯をアイロン(中温・スチームなし)で貼ります。

刺繍コサージュの作り方

3, 刺繍の周りを6mmくらい大きめに切って、5mm間隔くらいで切り込みを入れて、周りを裏面に折り、アイロンで折りシロをおさえます。

刺繍コサージュの作り方

刺繍コサージュの作り方

コサージュの仕立て

4, 花芯にする大粒パールにワイヤーを通して、根元を少しねじっておきます
(ワイヤーはありあわせのアクセサリー用のものを使いました。パールの穴の大きさに合ったものを見繕ってください)

刺繍コサージュの作り方

5, 花芯と花びら一枚を合わせ、フローラルテープを巻きつけて束ねます。

フローラルテープとは

片面に粘着性のある紙テープです。
少し引っ張りながら巻きつけると接着します。
グリーンや茶色などの茎っぽい色と白があります。

◎ 使うメリット・・・花材屋さんに売っているの手に入れやすい、ボンドなどでつけなくていいので扱いが楽、完全接着ではないので巻き直しができる

○ 改善の余地ありな点・・・粘着性のせいでベタつく、完成後にも細いホコリやゴミなどが付着してしまいそう、なんとなくチープな見た目

パーツを束ねて巻きつける時は、ぐるぐるたくさん巻きつけなくても大丈夫です。1-2周で安定します。
テープを少し引っ張るようにしながら、パーツとフローラルテープを一緒にこよりのように撚って密着させます。
この手順は布花や花飾りのレシピ書籍にきっともっと上手に説明があると思うので、探してみてください。

刺繍コサージュの作り方

花びら一枚ずつ、少しずつフローラルテープで巻きながら3枚目がついたところの写真
ワイヤーがだんだん太くなってくるので、花びらが固定されたら、片方のワイヤーを短くカットしておきます。

刺繍コサージュの作り方

上側の花びら3枚と、それと段違いに重なるように下側4枚がついたところの写真
茎の長さに迷い、いったんフローラルテープを切りました。

刺繍コサージュの作り方

5, 茎が花びらから見えない長さにワイヤーを切った後、端までフローラルテープで巻きつけてワイヤーを見えなくします。
ブローチピンと茎をフローラルテープで巻いて固定します。

刺繍コサージュの作り方

でき上がり

刺繍コサージュの作り方


花びらの裏面が刺繍丸見えでお恥ずかしいので、売り物にするなら必ず別布を張って隠した方が良いです。
自分用だったら、、、これでいっかな〜ルンルン♪って感じで、でき上がりにテンションも上がります。

改善の余地ありのフローラルテープ。
以前に一度きりですが、アトリエ染花さんという老舗花飾りアトリエさんのカルチャーレッスンでコサージュ作りを習いました。
その時は、細く帯状に切った薄手の染色生地をボンドで巻きつけて作りました。
その布は糊付けがしっかりと効いていて、ほつれることもなく、安心して使えたのを覚えています。
自分で染色や糊付けをするのはかなりハードルが高いので、上からマニキュアで塗ってしまうか、、、とか、ボンドでリボンを巻きつけた方がいいか、、、などと解決策を考え中です。
また何か作ってみようと思います。


仕立てパーツのワイヤーやフローラルテープは「花資材 ワイヤー」などと検索するといろいろ見つかります。
刺繍パーツの材料や両面接着芯は小さな手芸屋さんのお店でお取り扱い中です。

コサージュの刺繍材料一覧ページ

ブログランキング・にほんブログ村へ


リュネビル刺繍のキット

リュネビル刺繍の刺繍キットを作りました。
ラベンダーを入れた香り袋の作品です。

フランスの南仏の野原をイメージした「ポピー」「デイジー」「ラベンダー」のデザインをしました。

中に入れるポプリもプロヴァンス産のラベンダーをキットに入れました♪
香りがとても良くて長持ちするんです。
カバンに入れて持ち歩いたり、お部屋のインテリアに、クローゼットに入れて防虫用にもなります。

刺繍の部分は、リュネビル刺繍とビーズ刺繍を組み合わせています。
どちらも初心者の方でも楽しめるように工夫しました☆

このキットでぜひ学んでいただきたいのは、リュネビル刺繍の「糸端処理」です。
最初と最後の糸端が表から見えないように、綺麗に処理する方法です。

見落としがちな糸端の始末、どのようにすればいいのか、初心者の方はわからないことだらけだと思います。
経験者でも、透けている布から糸端が見えないように始末する方法を知らない方もいらっしゃるでしょう。

このキットでは、大事だけれど盲点となっているリュネビル刺繍の基礎テクニックの教材ともなっています。

*リュネビル刺繍で使うクロシェ針の扱い方についての詳しい説明については同封されておりません。
別途、書籍や動画、当店のクロシェ付属の説明書をご参考になってくださいませ。

リュネビル刺繍キットの商品ページはこちら

リュネビル刺繍のクロシェと説明書の商品ページはこちら

刺繍のやり方の動画のページはこちら

ブログランキング・にほんブログ村へ


1.5mmパールの可愛さに癒されて ♪

世界一小さな糸通しパールの新色が入荷いたしました!
どれもシックな色合いでオールシーズン使えそうです。

1.5mmパールワインレッド

クラシカルなワインレッド。ほんのり浅めの発色で、馴染みやすい色合いです。

>> 1.5mmパール ワインレッドの商品ページへ

1.5mmパールモカ

優しいモカ色は白や生成りと合わせてベーシックに、淡いピンクやブルーと合わせてフェミニンに。

>> 1.5mmパール モカの商品ページへ

1.5mmパールクリーム

うっすらピンクに色づいたクリーム色。白では浮いちゃう時に重宝する、馴染ませカラーです。(カルトラの一種です。)

>> 1.5mmパール クリームライトローズの商品ページへ


小さな手芸屋さんのオンラインショップ
新商品一覧はこちらのページへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


高まるオリジナリティ!模様入りスパンコール

幻想的で引き込まれるような色合いのスパンコールが入荷しました。
モードな雰囲気でコサージュにピッタリです。

柄が主役のスパンコールなので、すっきりシンプルにデザインするとより活かされます。

柄入りスパンコール

柄入りスパンコール

以前「プラントン」という名前で販売していた柄のロット違いになります。
あまりにも色ブレが激しかったので、新しい名前で「花翡翠」とつけました。
これはこれでおしゃれな色合いで、プラントンよりも大人っぽくてかっこいい系の作品に使えそうと♪、またお気に入りが1つ増えました 🙂
黒やガンメタと合わせてコントラストきかせてみるのも良さそうですね。

フランス製スパンコール 5mm平 花翡翠 の商品ページはこちら ↓↓↓↓↓
小さな手芸屋さんのオンラインショップ
https://petitemercerie.com/?pid=141669493

ブログランキング・にほんブログ村へ


フラワーポシェットのレシピの補足

「あこがれのオートクチュール刺繍」(朝日新聞出版)にレシピ掲載された花モチーフのポシェットの作り方について、

図案の指示が抜けているところがあるよ〜、とお問い合わせいただいたのでブログでみなさんと共有したいと思います。

作品レシピ:p,85の黒地にピンクの花模様のポシェット
図案:p,122

スパンコールを付ける向き

お花の周りのスパンコールを縫い付ける「進行方向」が書いてなかったようで、どっち方向に進んで縫えば良いか?、という点です。
レシピでは2番目の工程のところです。

表から見て左のお花
 >> 花芯(中心)の方へ向かうように平スパンコールを縫い進める

表から中心のお花
 >> 1、花びらの下側は、表から見て反時計回りの向き
 >> 2、花びらの上側は、表から見て時計回りの向き

表から見て右のお花
 >> 花芯(中心)の方へ進む向き

図案でスパンコールを表すときは、、、

スパンコールを付ける線は、矢印で描かれます。
その矢印の示す方向は、ステッチで進む向きと同じです。

このポシェットの図案は、矢印を入れるのを忘れてしまったようです、、、
あんなにチェックしたのに、、、まだ見落としがあったなんて!

次の版から修正してもらえるのかわからないので、悩んだ方はこのブログを参考にしていただければと思います・・・すいません。

ポシェットの仕立ての材料

仕立てに使った金具やチェーンは貴和製作所とオカダヤで揃えました。

DカンNO.2 1.8x15x10.5mm “RC(ロジウムカラー)”…2pcs 貴和製作所
丸カン 1.4x8mm “RC(ロジウムカラー)”…2pcs 貴和製作所
キーホルダー 回転カン k-25 “Ni(ニッケル)”…2pcs 貴和製作所
マグネットスナップボタン 15mm M-48 S “ブラック”…オカダヤ
肩掛け用チェーン k-12 “クリアチャコールグレー” 95cm 貴和製作所

グログランリボンとサテンリボンはオカダヤです。
オカダヤで揃えたものは、ユザワヤとか大きな手芸店だったら同じようなのがあるかもと思います。

貴和のチェーンはおしゃれな質感でスタッフにも好評でした!
食い込んでも痛くないのがイイですね。軽いですし。
また使いたい材料です。

ポシェットを製作中のお客さま、ぜひアクセサリー感覚で身につけて楽しんでください♪


【 レシピ掲載の本はこちら 】

あこがれのオートクチュール刺繍

「あこがれのオートクチュール刺繍」朝日新聞出版
amazonや楽天ブックス、書店でお取り扱い中です。
(2019年2月7日発売)

ブログランキング・にほんブログ村へ