POP UP SHOPの限定商品

5月22日(日)まで開催の、

新宿オカダヤ POP UP SHOP の限定商品のご紹介です♪♪

デッドストックの広島ビーズ

広島ビーズ 淡いミント色
広島ビーズ 淡いミント色
広島ビーズ 淡いレモン色
広島ビーズ 淡いレモン色
広島ビーズ アプリコット色
広島ビーズ アプリコット色
広島ビーズ 優しいピンク色
広島ビーズ 優しいピンク色
広島ビーズ 明るい藤色
広島ビーズ 明るい藤色
広島ビーズ 薄いイエロー
広島ビーズ 薄いイエロー
広島ビーズ 明るいグリーン
広島ビーズ 明るいグリーン
広島ビーズ アソート 在庫限り!
広島ビーズ アソート 在庫限り!

ヴィンテージスパンコール

ヴィンテージスパンコール
ヴィンテージスパンコール

思わず飾りたくなるような
パッケージもお気に入り♪♪♪

ヴィンテージビーズ

ヴィンテージビーズ ミクロな3cut
ヴィンテージビーズ ミクロな3cut

ミクロな3cutは現存限り!
もう製造されていません。

ヴィンテージビーズ

フィラガン おじさんのノート
フィラガン おじさんのノート

大人気のおじさんのノートも残りわずか!


オカダヤさんのブログでも、【 小さな手芸屋さん 】のイベント商品のご紹介をいただきました♪♪

新宿オカダヤさんのBlog


もし、

イベントに行けないけれど、どうしても欲しいものがある!!

という刺繍ファンの方がいらっしゃいましたら、

こちらに在庫が残っている場合には、販売させていただきますので、

お気軽に、メール shop@petitemercerie.com か

fax 045-873-2336 で お問い合わせくださいませ。


尚、今年は、
5月のビーズアートショー横浜への出店はございません。

ぜひ新宿オカダヤさんでの POP UP SHOP にいらしていただけましたら幸いです☆☆☆


期間限定 POP UP SHOP

日程:2022 年 5 月 22 日(日)まで
場所:新宿オカダヤ本店 服飾館3階 Bフロア
住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿3-23-17
TEL:03-3352-5411
アクセス:JR新宿駅 東口改札 徒歩2分
時間:短縮営業 11:00~20:30 (不定休)


オートクチュール刺繍のオンラインレッスン 制作の裏側

オートクチュール刺繍オンラインレッスンのお仕事に携わりました。

日本ヴォーグ社さんとのコラボレーションで実現した企画です。

作品デザインにレッスンカリキュラム作り、レッスン動画の出演、

そして【 小さな手芸屋さん 】ならではの、贅沢な素材を使った刺繍キットの製作をしました。

企画がスタートしたのは、2021年の9月頃でした。

日本ヴォーグ社さんからお話を頂いて、

まず取り掛かったのは、レッスンコンセプトと作品デザイン。

レッスンを通じて、初心者の方がステップアップできるような内容で、

ご経験者でも作品作りを楽しめるようなものにしたいと思いました。

そして、身につけて楽しめるもの、、、というのが今回のコンセプト。

リュネビル刺繍針 クロシェ

小さな手芸屋さんのレッスンではいつも、

ブローチやポーチなど、身につけられる課題がほとんどです。

そうしたほうが生徒さんに喜んでいただけるし、

実際に身に着けているところを拝見すると、とても嬉しくなります。

使うテクニックは、刺繍が学びやすくなるように考えて、

作品としても、レッスンとしても充実するようにディレクションしています。

リアルなレッスン風景 ヴォーグ学園横浜校にて

刺繍のどのテクニックをどう教えるかを決めたら、

デザインしながら使う材料も決めて、試作の段階に移ります。

コンセプトとカリキュラムをしっかり決めてからはじめたので、

デザインや試作はすんなりと進み、自分でも納得の作品たちを作ることができました♪

初めての方にとっては、リュネビル刺繍の基礎から、人気のテクニック「ヴェルミセル」まで体験できる充実の内容。

3つの作品を作り上げる経験値がためられるので、すでに刺繍を知っている方でも、有意義なレッスンとなると思います。

オンラインレッスンの作品Lv1-3

オンラインレッスンの一番の肝である動画、

その撮影も、とてもやりがいのある仕事でした。

撮影してくれたのは、映画監督でもあり、ドキュメンタリーも多く手掛ける笹谷氏。

ご家族に手芸の先生がいらっしゃるとのことで、

手芸が何であるかわかっていらしたため、

何を見せるべきか、どう撮るべきか、

細かい針先や手の動きがわかるように、

繊細なカメラワークで捉えてくれました。

現在全国上映中の、笹谷監督の映画「山歌」

https://www.sanka-film.com/

カメラを回すときに、監督が掛ける

「まいります、3,2,1!」という声に、

こちらも集中力が研ぎ澄まされ、気持ちよく、より集中して撮影に臨めました。

撮影の様子

動画撮影、字幕やナレーションの校正、書類作りに至るまで、

関わったすべての人間がプロフェッショナルで、

それがとても楽しくて!!

今まで仕事をしてきて、本当に良かった!

と、心から思えた経験でした。

このオンラインレッスンに携わるまでは、

リアルのレッスンにこだわっていたので、

不安な側面もあったのですが、

こうして、自信を持って発表できるものが出来上がり、

チャレンジしてみてよかった、と思いました。

何事も、やってみないとわからないものですよね。

リュネビル刺繍に一歩踏め出せなかった方も、

これを機会に、

オートクチュールの世界に飛び込んでくれたらいいなと思います。


9周年記念福袋販売中!!

こんにちは、小さな手芸屋さんのメルマガです!

● 目次 ●

1. 9周年記念、ラッキーバッグ入荷しました!
2. イベントのお知らせ

● 今年もやります!季節外れの福袋♪ ●

福袋

【 小さな手芸屋さん 】の9周年記念の福袋、今年もようやく出来上がりました!
日本のヴィンテージスパンコールをぎっしりと詰め込んだ、超お買い得な福袋♪
なんと32種類入り!特製ポケットリフィルに入れてお届けします。

福袋

大きめサイズやトップホール 、スクエアスパンコールなど、バリエーションも豊か。

使いやすいベーシックカラーを中心に、彩りを添える可愛らしいカラーもあります。

コレクションとしても価値あり、新しい作品作りの世界の扉が開くこと間違いなし!

物作りをより楽しみたい方は、ぜひお求めください。

※ 1配送につき、お1つお求めいただけます。

先着順となりますので、お早めにご検討ください。お取置きは承っておりません。

● イベント開催のお知らせ ●

イベント

2022 年 4 月 1 日(水) より、新宿オカダヤ本店3BフロアにてPOP UP SHOPがオープンいたします。

たくさんの糸通しスパンコールをお持ちします。

お手にとってご覧いただける絶好の機会です。

今年は、春のビーズアートショー横浜への出店はしない予定です。ぜひオカダヤさんにお越しいただけましたら幸いです。

イベントの最新情報は、公式インスタグラム(@petitemercerie)でも発信しておりますので、ご覧くださいませ。

● おすすめ新着商品 ●

【 小さな手芸屋さん 】おすすめ新商品をご紹介!

1、【ミクロなパール】1.5mm 丸パール ゴールド

ミクロなパールにゴールドが仲間入り♪クラシックな落ち着いた色合いで使いやすそうです。

ミクロパールゴールド

2、【 チェコ製 糸通しビーズ 】13/0 シャーロット クリスタルシルバー【 3.6m入り 】

透明感のある輝きが印象的な、シルバー色のシャーロットビーズです。小粒感が可愛い♪
シャーロットクリスタルシルバー

3、【 アソートスパンコール 】キカガク mix オーロラクリスタル

小さなアクセサリーやお試し使いにぴったりのアソートパックに、幾何学モチーフが増えました。コサージュの花芯にフサフサ縫い付けるのもおしゃれです

幾何学モチーフ

このほかにも、魅力的な品々が多数新着・再入荷しております。

豊富な品揃えをサイトでぜひご覧くださいませ。

9周年を迎えて、こんなにも長く続けることができたことは、ひとえにお客様のご愛顧のおかげでございます。

くじけそうな時も、いつも温かいご声援に励まされ、奮起することができました。

また、日頃から尽力してくれるスタッフの力と家族の理解がなければ、こんなにたくさんの活動はできなかったと思います。

10年目に入ったことを噛みしめつつ、よりよい体験や環境をお客様とスタッフに提供する場となれるよう、ますます尽力して参ります。
これまでの【 小さな手芸屋さん 】を支えてくださり、誠にありがとうございます。

スタッフ一同、心よりの御礼を申し上げます。

これからの活動も、ぜひご期待くださいませ。

●●● 小さな手芸屋さん SNS ●●●

最新情報や、イベントの様子、

小さな手芸屋さんの裏側?など発信中です。

「いいね!」やフォローをしていただけるとスタッフ一同、励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。

Instagram: @petitemercerie

Facebook: @petitemercerie.jp

Youtube: 小さな手芸屋さん

note: @petitemercerie

Twitter: @petitemercerie


刺繍新聞、休載します

【 小さな手芸屋さん 】にご注文いただくと、お届けの納品書の裏に「刺繍新聞」が掲載してあるのはご存知でしたでしょうか?

毎回、刺繍図案やワンポイントアドバイスなどをご紹介し、2022年2月現在で40号を迎えました。

目指せ100号で頑張ってきたのですが、他の作業との折り合いをつけられず、一旦お休みをすることに決めました。

やるからにはいいものを提供したいと思いやってきたので、実はすごい負担がある仕事の1つでした。

月初からコンセプトを考えて、月後半に形にしていく、、、というルーティンを3年4ヶ月。

刺繍の絵を描くのは、得るスキルがたくさんあり、良い経験ではありました。

また再開できるときを模索しつつも、もっとみなさんに喜ばれるコンテンツの制作を考えていきたいと思います。

刺繍新聞を今まで楽しみにしてくださり、どうもありがとうございました!


ルサージュ留学の費用

ルサージュに刺繍留学した体験談を、以前のブログや月刊誌ふらんすの連載で読んでくださった方々から、ルサージュ留学についてご相談をいただくことがあります。

今回も、あるお客様からお問い合わせを頂き、滞在費用や学費のことなど、きっと他の方々も知りたいだろうと思って、ブログに書いてみることにしました。

ルサージュに行ったのは10年も前なので、情報が古いですが、生の体験談はきっと何かのお役に立つはずです。

目次

  • ルサージュ留学で知っておきたいこと
  • 留学に必要な期間
  • 学費はいくらかかる?
  • パリの滞在場所
  • ルサージュ留学体験談

ルサージュ留学について

まず知っておきたいのは、留学にはビザが必要になる場合があります。

観光で滞在できる期間を超える留学は、ビザが必須です。

ビザの取得要件は、最新の情報をもとにしましょう。

フランス大使館のホームページが参考になるはずです。

ビザや入学の手配が一人では不安な方は、留学エージェントに相談することをおすすめします。

ルサージュに留学、必要な期間は?

ルサージュのカリキュラムは、短くて6時間から、長いもので150時間です。

習いたいテクニックや、デザイン、予算、滞在可能日数により、カリキュラムを選ぶことから計画が始まります。

リュネビル刺繍を習いたい方がほとんどだと思いますが、フランス刺繍やリボン刺繍、金刺繍のコースもあります。

リュネビル刺繍の体験コースは、12時間のカリキュラムです。

12時間とは、3時間のレッスンが4回ということになります。

1日に2レッスン出席するのは推奨されていないので、平日4日間の滞在期間が必要です。

ルサージュの学費について

カリキュラムにより料金が設定されています。

リュネビルの12時間コースの場合は、440ユーロ(2022/2月時点)です。

料金の中にキット代は含まれていましたが、道具代は別途かかったと記憶しています。

プロフェッショナルコースという150時間のコースは、6600ユーロです。

選択肢によって学費が大きく異なりますから、学費がいくら必要かは、留学する方次第です。

また、学費の他、滞在中の生活費もかかります。

パリに滞在

パリに長く滞在するなら、キッチン付きの貸部屋が便利でしょう。

短い滞在ならホテル、という手もあります。

パリは日本のように治安がいいわけではないので、危険な地域や、ルサージュまでの交通手段もよく調べて滞在ロケーションを決めましょう。

また、レッスンには宿題が伴うので、部屋で刺繍するスペースがあるかどうか?も重要なポイントではないでしょうか。

ルサージュ留学の体験談

私の場合は、2011年6月から丸1年間、フランスに滞在していました。

ルサージュに通っていたのは、バカンスを除いて賞味10ヶ月くらいでしょうか。

平日は毎日1レッスン通い、残りの日々の時間や週末は宿題、バカンス中は観光や夫の実家に遊びに行くというルーティンでした。

ビザはフランス人の配偶者ビザを取得していました。

ルサージュで出会った日本人の方々は、語学学校とルサージュを掛け持ちして学生ビザで来ている方や、ワーキングホリデービザの方などいらっしゃいました。

実際にルサージュで習った課題はこちら。

  • プロフェッショナルコースのオートクチュールとインテリア
  • オートクチュール レベル7、8
  • インテリア レベル1
  • リボン刺繍
  • 金刺繍

留学の申込み当初は、プロフェッショナルコースのオートクチュールだけの予定で考えていました。

通いながら、もっとたくさん習いたいと思って、その他のカリキュラムを現地で申し込みました。

滞在は、治安のいいところで狭くないところが夫の絶対条件だったので、5区の大通りに面したアパルトモンをオンラインで見つけ、渡航前にネット上から1年契約しました。

家賃、生活費、学費含めて、1年の滞在のために400万くらいは貯金していたかと思います。

資金が足りていたのか、余ったのかは覚えていませんが、もっと切り詰めることもできたと思います。

食事は自炊が多かったです。外食は安くないですが、値段に見合った量が食べれるのでコスパは良かったです。

フランスは、普通の食材でもおいしいものがたくさんあります。

パンとチーズだけでも満たされるし、簡単な自炊でも食事が楽しく、通学と宿題ばかりの日々の息抜きになりました。


留学期間、費用は、何をしたいか、どこに滞在するか、余暇も楽しむかで、人それぞれになると思います。

ご自身にあった計画を見つけてみてください♪

ルサージュのホームページはこちらhttps://ecolelesage.com/en/


リボンの木馬さん

じつは、2022今夏、書籍を出すことになりました。

その制作で、年始からずっとかけていたラストスパートに、やっと終わりが見えてきました。

あと1点、ゴージャスなネックレスを残すのみ、、、

(納期間に合うかな、、、焦😥)

20点近くある作品の中で、ウェディングをイメージしたアイテムグループがあるのですが、

それらには今回、リボンメーカーの木馬さんのシルクリボンやオーガンジーリボンを使わせていただきました。

先方に使うことをお伝えしたら、担当の方も作品を気に入って下さり、

ぜひお使いくださいとご承諾いただき、とびきり嬉しくなりました。

いい作品にしなければと、ちょっとプレッシャーも。

だって、あの木馬さんに作品を見てもらえるんですから、自然と気合が入ります。

パリにも支店を構える、世界でもトップのリボンメーカーの木馬さん。

蔵前にショールームがあって、誰でもそこでサンプルを買えます。

ぜひ行ってみてください。ワクワクします。

私もこの仕事が終わったら、また見に行って、のんびりとリボンを見て過ごしたいと思います。


仕立てのノウハウ

ブローチでも、巾着でも、刺繍の仕立ては毎回悩みます。

縫製が必要なものは特に。

バッグだったら、

芯地や内布はどうするか、

持ち手やサイズは?

など、決めなければいけないことばかり。

それらを全部前もって計画できていたら、きっとスムーズにできるはず。

私が袋物をするときは、刺繍のデザインと並行して、形や仕様を詰めるために縫製用のサンプルも作ります。

シーチングやオーガンジーを使って縫ってみて、持ったときのバランスや、入れたいものが入る大きさどうかを見てみます。

そのとき、刺繍の位置も一緒に確認します。

形や大きさが整ったら、次は実際の布を使って、もう一度サンプルを作ります。

厚みや固さが想像通りにできるか、縫いにくくないかに確認のためです。

何十時間もかけて刺繍したものを、縫製や裁断で失敗して取り返しがつかないことにならないように、

何回かのサンプル縫製を通して確認しておけば、本番を縫うときにすごく安心できます。

サンプルでしっかり確認する、、、

そうは心がけていても、急いでるときなどは、途中で適当にして進めてしまうこともあります。

そんなときは必ずつまずいて、後悔ばかりです。

仕立てのスキルが足りないから、ぶっつけ本番は無理だと何度も実感しているはずなのに。。。

全然懲りない自分だなと呆れてしまいます。

作った刺繍を大事にするためにも、急がば回れで丁寧に仕事するのが最善ですね。

それは、刺繍の仕立てだけじゃなくて、お店の仕事にも言えることかも、、、そう、書いててふと気づきました。


働き方改革

制作の追い込みで、年始から毎日終電帰りをして励んでいたところ、

ついに家族から遺憾の意を表明され、働き方を見直すことになりました。

制作途中の刺繍を自宅に持ち帰ってやるのは好きではないし、(枠が緩んだりずれたりするから)

材料や道具もアトリエのほうが揃ってるし、(自宅には最低限しかない)

制作に必要な材料、道具、図案諸々、全部段取りして持ち帰る準備などをしてると意外と時間を食うし、

さあ家でやろうとすると、重要なパーツがなくて1つも進めない!とか、

はじめた途端に、もうご飯の時間??!!とか、

ちょっと休憩と思って、ソファに座ってテレビを見ると、気づいたら朝だったとか、

いろいろままならないけれど、でもやるしかない。

毎日アトリエから、袋いっぱいに材料や道具を持ち帰っては、制作を進めています。

あまり捗っている気はしないですが、終わりが少しずつ見えてきました。

作れば作るほど、自分はまだまだだなと感じてます。

今まで、創作活動を二の次にして、小さな手芸屋さんの活動に専念してきたので、

作家として遅れを取っている気落ちが、心の中にずっとありました。

今年で活動10年目、そろそろ新しい次元を目指して、作家としても成長していきたい、、、

制作に没頭しながら、そんなことを考えています。


下書きが大事です

思った通りの形に刺繍を仕上げたければ、下書きがとっても大事。

描いた線がずれていたり歪んでいたら、せっかくの刺繍の魅力が台無しです。

図案がきちんとしているのは大前提ですが、下書きするときに生地の地の目がまっすぐかどうか、気にしながら線を写します。

刺繍枠に張るときも、変に引っ張って歪んでしまわないか、慎重にセットします。

下書きのあとと、枠に張ったあとには、図案と照らし合わせてずれてないか、確認です。

下書き、刺繍枠、全部が整えば、刺繍のときに線があっているかどうかなどと悩まずに、線を信じてただただ合わせてステッチするだけです。

ピンとまっすぐに仕上がった刺繍は、シャンとしてていつもよりも上手に、美しく見えるはず。

料理や裁縫と同じで、刺繍も下準備や段取りが大事。

完成度の高い作品目指して、基本的なことを実践していきましょう!


歪まずに下書きする方法は、昔ブログに書いたことがあったので、ぜひご覧ください。


オートクチュール刺繍への想い

オートクチュール刺繍について、雑誌「ふらんす」で連載しています。

2021年9月号から半年の、6回の短期連載。

白水社さんからお話を頂いたときは、6回なら気軽にできるかな、と少々余裕に考えていましたが、

回が進むに連れて、書くことがどんどん難しく、最後はもう追われてぎりぎり😰

もっと最初にきちんと構成を考えておけばよかったと、悔しい思いをしました。

それもようやく、今月で連載最終回の校正が終わります。

まだまだ知られていないオートクチュール刺繍。

ふらんす読者の方々の中で、少しでもファンが増えればという気持ちで取り組んできました。

これから始める人にとっても、刺繍についての基本的なバックグラウンドを知っていただけるよう、ご紹介したつもりです。

最終回では、パリの刺繍学校ルサージュで学んだことを通じて、私自身のオートクチュール刺繍への想いを乗せました。

書きながら、自分がまだまだ未熟なことに気づかされ、もっともっと上手くなりたいと、気持ちが新たになりました。

フランス伝統のオートクチュール刺繍、モードとともに、いつでも新鮮な世界が広がります。