春色のチェコビーズ、shop新入荷のお知らせ

人気の高いシャーロットビーズ、シルクビーズが入荷しました。


砂糖菓子のような甘いピンク色のシャーロットビーズです。
これからサクラの季節にぴったりの色合い。
ふんわりとした色付きがキュート♪

>> 13/0シャーロット マカロンピンクの商品ページへ

薄いフューシャピンク色のシルクビーズです。
寒色系と相性のいい色合いです。
シルクならではの質感と輝きが印象的!

>> 9/0 3cut シルクパルムピンクの商品ページへ

古びたようなバラ色が美しいシルクビーズです。
まるでアンティークのようなカラー♪
作りたいものの夢が広がるような色合いです。

>> 9/0 3cut シルクヴィンテージローズの商品ページへ


癒されるくらい素敵な春色ピンクのチェコビーズのご紹介でした。
小さな手芸屋さんのオンラインショップで販売中です。


リュネビルと糸刺繍のポシェット

リュネビル刺繍のレシピが書籍になりました!

レシピを提供した4作品は、

1, 難しいテクニックを使わずに、
2, なるべく共通した材料で、
3, オートクチュールのキラキラした世界観
4, 自分で身に付けたいと思えるもの

この4つをコンセプトに作りました。
なるべく多くの方に楽しんでもらえるように、、、という願いもこもっています。


リュネビル刺繍のレシピ、4つ目はポシェット。

糸刺繍やリボン刺繍を組み合わせた作品です。
何種類もの材料・色・素材感を混ぜてひとつのゴージャスな刺繍を作る、、、というのがオートクチュール刺繍らしさかなと思い、このデザインで表現してみました。

ポシェットの仕立て方法も、なるべく縫う部分が少なくなるようにと考えました。
縫製はあまり知らなくて、、、という方はぜひご参考ください☆

このブログではファスナー付きポーチの作り方や、がま口の仕立て方の説明もあります。
こちらも作品のお仕立てにご覧になってくださいね♪

>>> 写真で説明★ファスナー付きポーチの作り方
https://blog.petitemercerie.com/shishuu/pouch-tukurikata2/

>>> がま口ポーチの作り方
https://blog.petitemercerie.com/shishuu-yarikata/gamaguti-tukurikata/

リュネビル刺繍作品に使用したスパンコールやビーズはこちらで販売中です(小さな手芸屋さんのサイト)


【 レシピ掲載の本はこちら 】

あこがれのオートクチュール刺繍

「あこがれのオートクチュール刺繍」朝日新聞出版
amazonや楽天ブックス、書店でお取り扱い中です。
(2019年2月7日発売)

ブログランキング・にほんブログ村へ


リュネビル刺繍のネックレスのレシピ

リュネビル刺繍のレシピが書籍になりました!

クロシェのテクニックの練習に、、、
刺繍デザインの参考に、、、
素材づかいの勉強に、、、
濃密な内容のオートクチュール刺繍の本が出来上がりました。

オートクチュール刺繍は今まで外国語の本しかありませんでしたが、ようやく母国語の素敵な本ができて嬉しいです☆
それに携われたことも光栄に思います!


リュネビル刺繍レシピ、3つ目は表紙の作品、つけ襟ネックレスです。

色合いが特徴的なこの作品。作った中で、一番のお気に入りです。
線にそってビーズを規則的につけたり、リズムを変えてつけたりと、縫い付けかたに遊びを入れたデザインです。
ステッチする時に送るのが難しい平スパンコールも、この作品が出来上がる頃には慣れてくるかと思います。
トレーニングを積みたい方向けの作品です。

かなり詰まった襟ぐりのデザインですので、金具の長さなどで着け心地の調節をしてくださいね♪


リュネビル刺繍作品に使用したスパンコールやビーズはこちらで販売中です(小さな手芸屋さんのサイト)


【 レシピ掲載の本はこちら 】

あこがれのオートクチュール刺繍

「あこがれのオートクチュール刺繍」朝日新聞出版
amazonや楽天ブックス、書店でお取り扱い中です。
(2019年2月7日発売)

ブログランキング・にほんブログ村へ


リュネビル刺繍のバングルのレシピ

リュネビル刺繍のレシピが書籍になりました!

リュネビルをこれから始める方への練習作品として、
習っている方のスキルアップ用として、
難しすぎす、出来上がって嬉しい、初心者も上級者の方もチャレンジしていただきたい作品になっています。


リュネビル刺繍のレシピ、2つ目はバングル。

線にそってスパンコールやビーズを縫い付けたり、小さな面を銀糸のステッチで埋めて作る、ツイード風のデザインです。
キラキラのビジューやソレイユスパンコールはビーズ針でチクチクと留め付けます。

バングル仕立てもぜひ覚えていただきたい仕立て方法です。

書籍での説明のほか、このブログでもバングルの仕立て方について詳しく解説があります。

>>> 刺繍ブレスレットの作り方 仕立て編
https://blog.petitemercerie.com/shishuu/embroidery-braclet-diy/

お好きな色で、アレンジして作っていただけたら嬉しいです♪

リュネビル刺繍作品に使用したスパンコールやビーズはこちらで販売中です(小さな手芸屋さんのサイト)


【 レシピ掲載の本はこちら 】

あこがれのオートクチュール刺繍

「あこがれのオートクチュール刺繍」朝日新聞出版
amazonや楽天ブックス、書店でお取り扱い中です。
(2019年2月7日発売)

ブログランキング・にほんブログ村へ


リュネビル刺繍のリボンチャームのレシピ

リュネビル刺繍のレシピが書籍になりました!

刺繍をしてみたいけど、何を作ればいいかわからない、おしゃれなものを身に付けたい!
というオートクチュール刺繍LOVERのお客さまに向けた、本邦初のリュネビル刺繍レシピの本です。
はじめるきっかけとして、スキルアップの課題として、ぜひご覧いただきたい内容となっております。


リュネビル刺繍レシピ、1つ目はリボンのキーチャーム。

スパンコールとビーズは線にそってクロシェで刺繍をして、スワロフスキービーズはビーズ刺繍で飾り付け。
出来上がりサイズが小さいので、初心者の方でも取り組みやすいデザインです。
仕立てはちょっと複雑かもしれませんが、チャレンジしがいのある方法だと思います。

もっともっと簡単に仕立てたい!という方には、合皮シールを使った簡単仕立てのご紹介がこのブログにございます。

>>> ブローチの仕立て方 〜 簡単バージョン 〜
https://blog.petitemercerie.com/shishuu/brooch-shitate-ura/

リュネビル刺繍作品に使用したスパンコールやビーズはこちらで販売中です(小さな手芸屋さんのサイト)


【 レシピ掲載の本はこちら 】

あこがれのオートクチュール刺繍

「あこがれのオートクチュール刺繍」朝日新聞出版
amazonや楽天ブックス、書店でお取り扱い中です。
(2019年2月7日発売)

ブログランキング・にほんブログ村へ


あこがれのオートクチュール刺繍 – レシピ書籍化

オートクチュール刺繍の作品レシピを書籍に提供しました。
オファーをもらったのは今から1年くらい前のこと。
デザインを提出して、出版社のチェックのあと、刺繍制作・納品したのが2018年6月。
制作のタイミングがイベントやレッスンの時期とちょうど重なり、実は半月ほど納期遅れ、、、申し訳なかったな〜

それからリュネビル刺繍テクニックのプロセス撮影のオファーがあり、撮影にも参加してきました。
車も撮影できるくらいの大きな撮影所で、手元だけの小さな世界を写真に収める、、、なんて贅沢でしょうか!
プロの写真家のお仕事ぶりから、何か盗めることはないかと興味しんしんで撮影に臨みました。

じつは、当初は11月発売予定だったこの本、発売月が近づけども音沙汰がなく、本当に出版されるのだろうかといぶかしんだりもしていました(笑)
どうやら秋冬は毛糸関係の出版が多いので、時期をずらそうという出版社さんの意向もあったようです。

その後無事(?)に原稿の確認や修正の工程をへて、ようやくの発売となりました!
ここまで長かったなー、、、というのが正直な感想。
アパレルのクイックさと比べると、書籍は全然違う世界なんだなーと思いました。

そして、何よりも、本邦初のリュネビル刺繍の本へ参加できた達成感!
今まで普及に努めてきたことが報われたような気持ちです。


シュニーユで刺繍

レシピの作品は4つとおまけが1つ。
印象的なブルーの色合いの付け襟風のネックレス、
ツイードのように刺繍をした大人カラーのバングル、
甘さ控えめのリボンのバックチャーム、
アクセサリー感覚のポシェットの4点と、
花の付け襟ネックレスのおまけレシピを掲載させていただいております。

なぜ最後のがおまけ扱いかというと、、、
当初はプロフィール写真ように提出した作品だったのですが、担当の方に気に入って頂け、ぜひレシピも!という流れでレシピ化されました。
上級者向けのテクニックを含んだ難しい内容の作品だったので、ご参考程度に、アレンジする余白を残したさらっとレシピになっています。

他の先生の作品も素敵なものばかりで、とても勉強になる本に仕上がっているかと思います。
携わる者皆が一生懸命作った本です。
ぜひ、お手にとってご覧いただけましたら幸いです。

あこがれのオートクチュール刺繍

「あこがれのオートクチュール刺繍」朝日新聞出版
amazonや楽天ブックスでお取り扱い中です。
(2019年2月7日発売)

ブログランキング・にほんブログ村へ


刺繍枠ウルド

刺繍枠「ウルド」のご紹介です。

刺繍枠ウルドのサイズ

刺繍枠ウルド大小

ウルドは、枠の外周がA4くらいの「小」と、A3くらいの「大」の2サイズがあります。

「小」はブローチや耳飾りなどの小さなアクセサリーを作るのにちょうどいです。
「大」はポーチやクラッチバックなどの小物、小さなものを一度に複数作る時などに向いています。

糸立て機能

刺繍枠ウルドと糸たて

ウルド「大」には、糸立てを挿す穴が空いており、より使いやすく進化しました。

卓上タイプの刺繍枠

刺繍枠ウルド

ウルドは卓上タイプの刺繍枠です。
内枠が外枠から取り外せるようになっており、簡単におもて裏にひっくり返すことができます。

無理の少ない姿勢で、コンパクトに刺繍が楽しめる、リュネビル刺繍の強い味方です。

布の張り方

刺繍枠の布の張り方

布の張り方はシンプルです。

布を置いた枠の四隅の溝に、ゴムを添わせて押し込むだけで、手軽にピンと張ることができます。
準備に時間がかからず、頑張らなくてもできるので、思い立った時にサッと刺繍を始められるのが強みです。

フルフラット収納

刺繍枠の組み立て

組み立ても簡単。枠に足をつけるだけです。使わないときは、フラットにかさばらずに収納ができます。

Recommended

商売柄、刺繍枠は様々なタイプのものを使っていますが、個人として自宅で刺繍を楽しむ時にはウルドをよく使います。
手軽に準備ができ、安定していて、姿勢が楽、というところが重宝している点です。

あえてデメリットを言えば、価格、、、でしょうか。
高額ではありますが、国内で手作業で製造されているということや、木製品は比較的高い原材料であること、品質と機能とデザインを兼ね揃えるためには、このくらいの値段にならざるおえないのかなと勝手に推測をしています。

今回はめったにセールになることはないウルドが、お買い得にお求めいただける貴重な機会となります。
値段がネックで今まできっかけを探していらっしゃったお客様には、ぜひこのお機会にご検討をいただけましたら幸いです。


ウルドが見られるイベントのお知らせ

日本橋三越刺繍イベント
日本橋三越本店でオートクチュール刺繍のイベントが開催されます。
オートクチュール刺繍に関係のある材料や道具、ヴィンテージなどのshopが集まる恒例のイベントで、小さな手芸屋さんも出店いたします。

話題の「ウルド」も展示がございます。サイズや質感、使い勝手をご覧に、ぜひおいでになってくださいませ。

日程:2019 年 1 月 23 日(水)から 1 月 28 日(月)

場所:日本橋三越本店 本館 7 階『はじまりのカフェ』GATE A

時間:午前 10 時~午後 7 時(最終日は 6 時閉場)

ブログランキング・にほんブログ村へ


ミクロな極小チェコビーズ – 新入荷のお知らせ

小さくて細かいビーズ方にはたまらない、15/0サイズのシャーロットと、それよりもちっちゃな18/0ビーズが入荷しました。

どれもミクロで、すごく繊細なものが作れそう♪

ミクロなチェコシードビーズ

ものすごく小粒な18/0は、長いあいだ倉庫にしまわれていたもののようで、どことなくvintageの香りが漂ってきます。
使ってしまうのが惜しい気もしますね、、、

15/0のシャーロットは赤やターコなど元気な色合いが届きました。
これから春夏向けの作品に使えそうです。

チェコで廃盤色になっているくすんだピンクの14/0ビーズも入荷しています。
以前13/0サイズで扱っておりましたが、今回はそれより一回り小さなサイズです。
色合いも若干変わります。こちらの方がいい頃合いのピンクだと思いました。

どのサイズもかわいく、小さなアクセサリーをお作りの方にオススメのシードビーズです。

ブログランキング・にほんブログ村へ


イベント出店のお知らせ 
@日本橋三越 2019/1

1月23日(水)から28日(月)は、日本橋三越の催事に出店しております。

オートクチュール刺繍に関係のある材料や道具、ヴィンテージなどのshopが集まる恒例のイベントです。
小さな手芸屋さんはスパンコールとビーズを出品します。定番から定番外品まで、様々にご用意する予定です。
ぜひお立ち寄りになってくださいませ。

出店者:
gris, ltd. 刺繍キットや書籍など
Apollon 刺繍枠や針などの道具類
ルール・ブルー ヴィンテージ手芸材料
小さな手芸屋さん スパンコール、ビーズ

*小さな手芸屋さんは、在廊・ワークショップの予定はございません。

日程:2019 年 1 月 23 日(水)から 28 日(月)

時間:午前 10 時から午後 19 時(最終日は18時閉場)

場所:日本橋三越本店 本館 7 階『はじまりのカフェ』GATE A

ブログランキング・にほんブログ村へ


刺繍のマイバック 簡単リメイク ♪♪

刺繍よりも悩む「仕立て」。
せっかく刺繍したのだから、壁に飾るよりは身につけて楽しみたいものです。

袋物やアクセサリーをイチから作るのはそれなりの時間がかかります。
縫製が苦手だったり、ミシンのない方は億劫になってしまうかもしれません。

では、さくっと仕立てる方法はないでしょうか??

なにも全部自分で作らなくても、身近なアイテムを利用して、リメイクするのも「アリ」ではないでしょうか。

今回ご紹介するのは、無印良品のオーガニックコットンマイバック(https://www.muji.net/store/cmdty/detail/4550002311209?searchno=2&sectionCode=S1000510)と刺繍を使った、マイバックのリメイク方法です。


リメイク材料と道具


リメイクのやり方

1、バックの上に刺繍した布を重ね、位置を決めます

☆バックにはあらかじめアイロンをかけてシワを伸ばしておきます

バックの刺繍リメイク方法

2、マチ針で布とバックを仮止めします

☆袋の中に下敷きを入れておくと、布が止めやすくなります
☆ずれないようにたくさん止めておきましょう

刺繍リメイク

3、刺繍のまわりを、布とバックを一緒に縫います

今回はスパンコールを刺繍しながら縫い付けました
なみ縫いと同じ要領です
   A、針を出したあとにスパンコールを裏面から通し
   B、半径分先を刺します
   C、少し進んだところに針を出し、A-Cをくり返します

スパンコールの刺繍やり方

スパンコールの刺繍

裏側はこうなります

刺繍の裏側

4、縫ったまわりを、少し大きめに切ります

刺繍の仕立て

5、ほつれが気になる場合は、布の切断面にほつれ止め(瞬間接着剤やマニキュアなどでもok)を軽く塗っておきましょう

*くれぐれもドバッとつかないように、とても慎重に作業します

刺繍の端の処理

ほつれ止めを使いたくない場合は、ボタンホールステッチなどをしてかがります

完成です!

刺繍の無印エコバック


刺繍した布をバックにアップリケし、リメイクする方法でした。

縫う回数を少なく、すっきりかんたんに、、、と考え、作ってみました。

アップリケの手法は、まだまだ研究して洗練できる余地がありそうです。

洋服も同じく、アップリケで刺繍リメイクすることができます。
そのときは洗濯することを考慮し、端の処理をもっとしっかりとやった方が無難ですね。

楽して仕立てられるリメイク技、ソーイングが苦手な方でも得意な方でも、気軽にトライしていただきたいテクニックです。

ブログランキング・にほんブログ村へ