リュネビル刺繍ワークショップ
新宿オカダヤ本社

2022 年 4 月 21 日(木)、2022 年 5 月 13 日(金) 、ワークショップを開催致します。
ご予約は、03-3352-5411 までお電話下さい。
(おかげさまで、4 月 21 日につきましては満席となりました。5 月 13 日はまだお席がございます。)

オカダヤワークショップ

オカダヤワークショップ

フランスの伝統リュネビル刺繍(専用のかぎ針・クロシェで裏面から布にビーズを固定していく手法)を用いたオートクチュールテイストのブローチを作ります。
初心者の方でも楽しんで作品作りをご体験頂けます。

◆注意事項◆

①時間内に終わらない場合は、ご自宅での作業となります。
(特殊なリュネビル刺繍はレッスン中に終えます。それ以外の簡単な刺繍や仕立てが時間内に終わらない場合は、ご自宅で完成して頂く場合がございます。)

②当日体調がすぐれない方、熱がある方はご遠慮下さい。
レッスン中は必ずマスクの着用をお願い致します。

③講習費は先払いとなります。ご了承下さい。
※お支払いは、新宿本店服飾館3階ビーズ売り場となります。

ご参加は事前ご予約制です。
事前のお支払いをもって予約完了となります。

道具・材料は全てこちらでご用意いたします。
普段お使いの眼鏡、お持ちの方は拡大鏡がございましたら、お持ち下さい。

お申し込みは、新宿オカダヤ服飾館で承っております。


● 日程
日時:2022年4月21日(木)5月13日(金) ※両日共、満員御礼
時間:10:00〜14:30

● レッスン料金
14,960円 (税込) 材料代込み
定員7名

● 持ち物
いつもお使いの眼鏡、お持ちの方は拡大鏡

● 開催場所
株式会社オカダヤ本社6階
※住所 新宿区西新宿7-15-4
JR新宿駅東口から徒歩10分
※ 新宿本店(お店)ではありません。
オカダヤ本社地図

● お申し込み方法
新宿オカダヤ本店服飾館で承ります。
ご来店又はお電話にてお申し込み下さい。
事前のお支払いをもって予約完了となります。
お支払いは新宿本店服飾館3階ビーズ売り場にて承ります。

<ご予約・お問い合わせ>
03-3352-5411
営業時間 11:00~20:30


ルサージュ留学の費用

ルサージュに刺繍留学した体験談を、以前のブログや月刊誌ふらんすの連載で読んでくださった方々から、ルサージュ留学についてご相談をいただくことがあります。

今回も、あるお客様からお問い合わせを頂き、滞在費用や学費のことなど、きっと他の方々も知りたいだろうと思って、ブログに書いてみることにしました。

ルサージュに行ったのは10年も前なので、情報が古いですが、生の体験談はきっと何かのお役に立つはずです。

目次

  • ルサージュ留学で知っておきたいこと
  • 留学に必要な期間
  • 学費はいくらかかる?
  • パリの滞在場所
  • ルサージュ留学体験談

ルサージュ留学について

まず知っておきたいのは、留学にはビザが必要になる場合があります。

観光で滞在できる期間を超える留学は、ビザが必須です。

ビザの取得要件は、最新の情報をもとにしましょう。

フランス大使館のホームページが参考になるはずです。

ビザや入学の手配が一人では不安な方は、留学エージェントに相談することをおすすめします。

ルサージュに留学、必要な期間は?

ルサージュのカリキュラムは、短くて6時間から、長いもので150時間です。

習いたいテクニックや、デザイン、予算、滞在可能日数により、カリキュラムを選ぶことから計画が始まります。

リュネビル刺繍を習いたい方がほとんどだと思いますが、フランス刺繍やリボン刺繍、金刺繍のコースもあります。

リュネビル刺繍の体験コースは、12時間のカリキュラムです。

12時間とは、3時間のレッスンが4回ということになります。

1日に2レッスン出席するのは推奨されていないので、平日4日間の滞在期間が必要です。

ルサージュの学費について

カリキュラムにより料金が設定されています。

リュネビルの12時間コースの場合は、440ユーロ(2022/2月時点)です。

料金の中にキット代は含まれていましたが、道具代は別途かかったと記憶しています。

プロフェッショナルコースという150時間のコースは、6600ユーロです。

選択肢によって学費が大きく異なりますから、学費がいくら必要かは、留学する方次第です。

また、学費の他、滞在中の生活費もかかります。

パリに滞在

パリに長く滞在するなら、キッチン付きの貸部屋が便利でしょう。

短い滞在ならホテル、という手もあります。

パリは日本のように治安がいいわけではないので、危険な地域や、ルサージュまでの交通手段もよく調べて滞在ロケーションを決めましょう。

また、レッスンには宿題が伴うので、部屋で刺繍するスペースがあるかどうか?も重要なポイントではないでしょうか。

ルサージュ留学の体験談

私の場合は、2011年6月から丸1年間、フランスに滞在していました。

ルサージュに通っていたのは、バカンスを除いて賞味10ヶ月くらいでしょうか。

平日は毎日1レッスン通い、残りの日々の時間や週末は宿題、バカンス中は観光や夫の実家に遊びに行くというルーティンでした。

ビザはフランス人の配偶者ビザを取得していました。

ルサージュで出会った日本人の方々は、語学学校とルサージュを掛け持ちして学生ビザで来ている方や、ワーキングホリデービザの方などいらっしゃいました。

実際にルサージュで習った課題はこちら。

  • プロフェッショナルコースのオートクチュールとインテリア
  • オートクチュール レベル7、8
  • インテリア レベル1
  • リボン刺繍
  • 金刺繍

留学の申込み当初は、プロフェッショナルコースのオートクチュールだけの予定で考えていました。

通いながら、もっとたくさん習いたいと思って、その他のカリキュラムを現地で申し込みました。

滞在は、治安のいいところで狭くないところが夫の絶対条件だったので、5区の大通りに面したアパルトモンをオンラインで見つけ、渡航前にネット上から1年契約しました。

家賃、生活費、学費含めて、1年の滞在のために400万くらいは貯金していたかと思います。

資金が足りていたのか、余ったのかは覚えていませんが、もっと切り詰めることもできたと思います。

食事は自炊が多かったです。外食は安くないですが、値段に見合った量が食べれるのでコスパは良かったです。

フランスは、普通の食材でもおいしいものがたくさんあります。

パンとチーズだけでも満たされるし、簡単な自炊でも食事が楽しく、通学と宿題ばかりの日々の息抜きになりました。


留学期間、費用は、何をしたいか、どこに滞在するか、余暇も楽しむかで、人それぞれになると思います。

ご自身にあった計画を見つけてみてください♪

ルサージュのホームページはこちらhttps://ecolelesage.com/en/


POP UP SHOPイベント@新宿オカダヤ本店

2021年10月10日(日)まで、新宿オカダヤ本店、服飾館3階Bフロアにて期間限定のPOP UP SHOPを開催しております。
【※ご好評により、会期延長させて頂くこととなりました!】

  • 選りすぐりの色やサイズのスパンコール
  • 種類が豊富な糸通しチェコシードビーズ
  • フィラガン(リュネビル刺繍糸、ビーズ刺繍糸)
  • オートクチュール刺繍のキット
  • お買い得なヴィンテージビーズ

などなど、盛りだくさんの楽しい品揃えと、作品の展示もございます。


フィラガン

【 刺繍糸フィラガン 】
おじさんマークの木箱も1点限り、特別販売中です♪


チェコビーズアソート

【 イベント特製・数量限定チェコビーズアソート 】
可愛らしい色合いばっかりです!
オカダヤの店員さんもイチオシ♪


キットサンプル

【 オートクチュール刺繍作品のキット 】
初めての方でもわかりやすくレシピを工夫した刺繍キットです。
ビーズ刺繍でもリュネビル刺繍でも作っていただけます。


シードビーズ

【 イベント特製・数量限定MIXビーズアソート 】
様々な色が混ざって糸通しされているチェコビーズも。
一度で何度も美味しいビーズ 🙂


スパンコールサンプル

【 お花スパンコールとカラーパール 】
刺繍アクセサリーにちょうど良い色とサイズです。
他のお店にはない、とっておきの品揃え!


ヴィンテージビーズ

【 イベント特製・ヴィンテージビーズ 】
小粒やニュアンスカラーのヴィンテージビーズがたっぷり詰まった、お買い得パック♪
可愛いシマシマ模様もございます☆


新宿オカダヤポップアップショップ

新宿オカダヤポップアップショップ

新宿オカダヤポップアップショップ

オカダヤの店員さんたちと記念撮影 🙂
イベント限定のビーズやvintageなど、店員さんたちも注目のマトでした♪

普段より、オカダヤ新宿店・服飾館3Bフロアでは、【 小さな手芸屋さん 】の商品をお取り扱いいただいております。
今回は、前回のPOP UPイベントより、もっともっとパワーアップして商品展開しました。
新宿の一等地の、手作りの聖地に、こんなにたくさんの商品をお見せできる機会がいただけるなんて、、、胸がアツくなります。嬉し泣きしちゃう。

専門学生の時から利用させていただいていた、新宿オカダヤさん。
これからも末長く、よろしくお願いいたします!

お近くにお立ち寄りの際や、ご近所の方は、ぜひ直接ご覧にいらしてくださいませ。
ご来店の際は、新宿オカダヤさんのコロナウイルス感染拡大予防対策・指示に、ご協力をいただけましたら幸いです。

会期中、ワークショップも開催予定でございます。
詳細は、こちらからもご参照下さい。

リュネビル刺繍ワークショップ 2021年9月17日(金)
https://www.okadaya.co.jp/shop/g/g10WS-2-minamif-210917/

リュネビル刺繍ワークショップ 2021年10月9日(土)
https://www.okadaya.co.jp/shop/g/g10WS-2-minamif-210918/

イベントの詳細はこちらからもご覧ください
新宿オカダヤ本店HP


【小さな手芸屋さん】のPOP UP SHOP @ オカダヤ新宿本店
日程:2021 年 9 月 1 日(水)から 10 月 10 日(日)
場所:新宿オカダヤ本店 服飾館3階 Bフロア
住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿3-23-17
TEL:03-3352-5411
アクセス:JR新宿駅 東口改札 徒歩2分
時間:短縮営業 11:00~20:30

ブログランキング・にほんブログ村へ


リュネビル刺繍ワークショップ – 新宿オカダヤ

9月17日(金)、18日(土) 10月9日(土)に、新宿オカダヤさんで、リュネビル刺繍ワークショップをやらせて頂くことになりました。
【※2回目の日程が 10月9日(土)に延期になりました】

特別にデザインは2種類です☆
(注:日程によって違うデザインの作品を作ります。お申し込みは1日毎で、2日間の通しレッスンではございません。)

◆ 9月17日(金) 【※終了致しました】
新宿オカダヤワークショップ作品2

9月18日(土) ※10月9日(土)に延期(ご予約受付中)】
新宿オカダヤワークショップ作品1

どちらの作品も、リュネビル刺繍とオートクチュールビーズ刺繍を組み合わせた作品です。
それぞれの刺繍のいいところを使って、学びあり、作る楽しみありの盛りだくさんなレッスンです。

◆注意事項◆

時間内に終わらない場合は、ご自宅で完成して頂きます。
(特殊なリュネビル刺繍の部分はレッスン中に終えます。それ以外の普通の刺繍や仕立てなど、終わらない方がいらっしゃればご自宅での作業となります。)

当日体調がすぐれない方、熱がある方はご遠慮下さい。
レッスン中は必ずマスクの着用をお願い致します。

※ 大変恐れ入りますが、当日、東京か神奈川に緊急事態宣言が発令されている場合は、レッスンを中止にさせて頂く場合がございます。

ご参加は事前ご予約制です。
事前のお支払いをもって予約完了となります。

道具・材料は全てこちらでご用意いたします。
普段お使いの眼鏡、お持ちの方は拡大鏡がございましたら、お持ち下さい。

お申し込みは、新宿オカダヤ服飾館で承っております。


● 日程
【 新宿オカダヤ本店 】
9月17日(金)、9月18日(土) 10月9日(土) *日程によって作品が異なります
11:00-14:30 (※ お昼休憩無し)
住所:東京都新宿区新宿3-23-17 服飾館7階Aフロア
行き方:JR新宿駅 東口改札から徒歩2分

● レッスン料金
12,700円+税 (税込 13,970円) 材料代込み
定員6名

● お申し込み方法
新宿オカダヤ本店服飾館で承ります。ご来店又はお電話にてお申し込み下さい。
事前のお支払いをもって予約完了となります。
定員に満たない場合は当日受付可能です。お支払いは店頭にて承ります。

<ご予約・お問い合わせ>
03-3352-5948
営業時間 11:00~20:30 (短縮営業中)

新宿オカダヤのレッスンページはこちら
9月17日(金)
https://www.okadaya.co.jp/shop/g/g10WS-2-minamif-210917/

9月18日(土) 10月9日(土)
https://www.okadaya.co.jp/shop/g/g10WS-2-minamif-210918/

ブログランキング・にほんブログ村へ


初・ライブ配信
オカダヤさんのインスタライブに出演しました

先日、新宿オカダヤさんのライブ配信に、【 小さな手芸屋さん 】のオーナー、フィロザが初出演させて頂きました!

「初心者でも挑戦できる リュネビル刺繍」特集として、
オカダヤさんのファンの方々から事前に頂いた、リュネビル刺繍の質問に、フィロザがお答えする形で出演しております。

ライブでは、実演を交えながら、リュネビル刺繍の基礎的なコツや、必要なお道具、材料などについてお話し致しました。
また、リュネビル刺繍初心者のオカダヤスタッフさんの、練習の様子から、集大成の素敵なブローチ作品までも拝見させて頂きました。
初挑戦、短期間にも関わらず、素晴らしい上達ぶりで、とても感動致しました。

リュネビル刺繍に興味はあるけど、ちょっと難しそう・・・と感じて、始めるのを躊躇していらっしゃる方、
始めてみたものの、なんだか上手く刺繍が進まない方がいらっしゃいましたら、ぜひご覧下さいませ♪♪♪

インスタライブはオカダヤさんのアカウントのアーカイブから、いつでもご覧頂けます。
お家時間のお供に、ごゆっくりご覧下さい。


オカダヤさんインスタライブ
【 小さな手芸屋さん 】のフィロザが出演致しました
アーカイブ
https://www.instagram.com/p/CRv0shBIz_H/

オカダヤさん Instagram アカウント
https://www.instagram.com/shinjuku_okadaya/


オカダヤさんでは、【 小さな手芸屋さん 】の商品を一部、お取り扱い頂いております。
お試しに便利な小分けパックで、新商品も随時入荷予定です。

新宿オカダヤ 本店 HP
3階 Bフロア ビーズ売り場

住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿3-23-17
Tel:03-3352-5411
※ 営業時間、定休日などに関しましては、HPより、最新の情報をご確認ください

ブログランキング・にほんブログ村へ


「隠れ家メルスリー Voyage 名古屋」を終えて

先日の名古屋イベントにお越しくださいました皆様、誠にありがとうございました!

初めての名古屋での販売会でした。
始まる前から、ご期待の声が予想以上に大きく、「それに応えないわけにはいかない!」と奮起し、沢山のビーズとスパンコールと共に名古屋上陸しました。
会場を提供してくださった【 Atelier kecora 】のkeiko先生や、その生徒さんたちのご協力もあって、とても充実したイベントとなりました。

最寄駅から離れたマンションだったので、一般のお客様に来ていただけるのか、無事にたどり着けるのか、実はすごく心配で、、、
でも、取り越し苦労でした 🙂
いつもオンラインショップやインスタを見てくださっている方々や、想像を超えたご縁でつながった方、口コミで来てくださった方など、様々な出会いに恵まれて想いが報われました♪♪

印象的だったのは、初めて出会うお客様たちも、みなで和気藹々とお買い物を楽しんでいらっしゃったことです。
「どれを買おうか?」「何を作ろうか?」「この組み合わせ素敵ですね!」、、、と、自然と会話が広がって、手作り好きの「絆」みたいなものがつながっていくようでした。
ただ材料を買っていただくだけではなくて、コミュケーションや創作意欲を刺激できるような空間を提供できたこと、とても光栄に思います。

お越しくださった皆様、応援してくださった皆様、心より御礼申し上げます!
どうもありがとうございました!!


「隠れ家メルスリー Voyage 名古屋」の様子


Atelier kecora(アトリエケコラ) keiko先生の作品

Atelier kecora (アトリエ ケコラ)
facebook: @atelier.kecora
instagram: @atelier.kecora
email: atelierkecora.keiko@gmail.com


横須賀美術館
「糸で描く物語 刺繍と、絵と、ファッションと。」

私の好きな美術館の一つ、「横須賀美術館」
今ちょうど、数少ない刺繍の企画展「糸で描く物語 刺繍と、絵と、ファッションと。」を開催しています。
コロナとはいえ、ファッションや刺繍系の展示は見逃すわけにはいかないので、思い切って行って来ました。

この美術館は海に臨んだ開放的な庭があり、館内は、高さのあるまん丸の天窓から注ぐ自然光が心地よく、のんびりとした気分で鑑賞ができます。

横須賀美術館

横須賀美術館

沿道には、紫陽花がびっしりと咲いていました。

横須賀美術館の紫陽花

裏手からは緑豊かな観音崎公園を散策でき、ハイキングに最適。
海と森と美術に囲まれて、幸せのひと時を過ごせます。

今回の展示では、東欧の民族衣装の刺繍と、イヌイットの「ダッフル」という室内装飾品、オートクチュール刺繍を含む現代の刺繍作品が見れました。

私が特に面白いと思ったのは、イヌイットの作品群。
分厚いウール地に、刺繍やアップリケで、イヌイットの生活や神話、文化が描かれた「ダッフル」と呼ばれる「壁掛け」です。
とてもシンプルなデッサンでありながら、ユーモアと生命の輝きに溢れていました。
また、空間を上手に使ったモチーフの配置が興味深かったです。
この作品たちを見ながら、背景にあるであろう厳しい気候や環境、自然への畏怖の念に思いを巡らせました。


昔、服飾の専門学校時代に教わった、「必ずメモに残せ!」というデザイン上達の鉄則。
それ以来、お店や街中で、興味を惹かれた物のディティール・色、感じたことはその場でメモる癖がついています。
だから、いつもメモ帳は手放せず、美術館ではメモと鑑賞と時間との戦い。全部終わったあとは疲労困憊です。
もちろん後で図録も買うのですが、自分の手で残した記憶と、ただ印刷された図録では、見直した時に思い出される刺激が段違いです。

▼ 刺繍のバランスが気に入った、東欧のショートコートのメモ。
いつか何かの作品で活かされるはず。

東欧の民族衣装

刺繍の企画展は少しあっさりとした点数だったので、常設展と併設の谷内六郎館もゆっくりと鑑賞して、ミュージアムショップでもじっくり品定めして、いっぱい満たされました。

今回の、横須賀美術館の「糸で描く物語 刺繍と、絵と、ファッションと。」は、2021年6月27日(日)まで開催中です。


余談

お昼ご飯は、生徒さんオススメの地元の喫茶店「エルム」に行きました。
遅い時間だったので、客は私たちだけ。(美術館併設のレストランは混雑してましたが、、、)
マグロでご飯が見えないくらいのどんぶりを美味しくいただいていると、
突如、そこのオーナー(ハワイアンミュージック歴50年以上とのこと)がウクレレで弾き語りを披露してくれました。
そして、火がついたオーナーは、厨房にいる息子さん(ベース)とお嫁さん(パーカッション)を呼び出し、バンド演奏まで!!
ハワイアンジャズに懐メロなど3曲も聴かせてもらいました。
「すごい、こんなテレビの旅番組みたいな展開ってリアルにあるんだ」と驚きつつ、久しぶりの生演奏に内心燃えました。

聴いている最中、オーナーは18歳からウクレレを始めて、70代になった今でも現役ということが頭から離れず、
私が同じくらい長く真剣にできることはあるのだろうか?多分ない、もう遅い、もっともっと早く刺繍(かそれ以外の物)に出会えればよかったと思って、少々がっくりもした次第です。

このコロナの逆境の中、こういうおもしろくて美味しいお店には本当に頑張ってもらいたいと思いました。
展示に行かれた方は、ぜひこちらの「エルム」さんに食べに行ってみてください。


小さな手芸屋さんのイベント
隠れ家メルスリー 2021/03/20-21開催

【小さな手芸屋さん】が、隠れ家の様な、とても居心地の良いスペースをお借りして、仮の実店舗?として営業致します。
のんびりとした雰囲気で、ごゆっくりVIP気分でお買い物をお楽しみください。

「隠れ家メルスリー」では、主にスパンコールやビーズ、糸などの材料、キット、お道具類を最大限取り揃えて販売致します。
また、キットやレッスンの作品見本展示もご覧頂けます。

イベント「隠れ家メルスリー」、ご来場のお申込みについて

感染症予防対策のため、日時指定制度を導入し、入場人数の制限を実施を致します。
(1時間辺り、3名前後の定員)
ご来場ご希望の方は予約専用ページから事前予約が必須となります。
(複数人でご来場の場合も、お一人様に付き一予約が必要です)

詳細をご確認の頂きまして、予約専用ページにて
ご希望のメニュー、日時を選択し、ご予約下さい。

★お買い物のご来場のご予約★

お家のような居心地の良い空間で、のんびりとVIP気分でお買い物をお楽しみ下さい。

※ご予約をキャンセルの場合は、判明した時点で必ずキャンセル手続きを頂きます様、お願い致します。
キャンセル料はかかりませんが、他の方のご迷惑となる場合がございますので、ご協力頂けますと幸いです。

ご来店に際しましては、コロナウイルス感染拡大予防の為、必ずマスクの着用と手指の消毒をお願いいたします。
体調が優れない場合や、発熱症状がございましたら、恐れ入りますが、ご来場をお控え頂きますよう、重ねてお願い申し上げます。
ご協力をいただけましたら幸いです。

ご予約方法、開催場所のアクセス詳細は
小さな手芸屋さんイベント「隠れ家メルスリー」予約専用ページにございます。

ご予約はこちら
RESERVA予約システムから予約する

ご希望する全てのお客様をご案内ができないのが、こちらも心苦しく、本当に残念ではございますが、感染予防対策としてご理解を頂けましたら幸いです。

隠れ家メルスリー

ブログランキング・にほんブログ村へ


刺繍付き携帯ケース

「刺繍はしたい、でも何を作ればいいかわからない、、、」

そんなこと、よくありますよね。

私の場合は、小さなアクセサリーを作ることが多いですが、正直、最近飽きてきました ><;;

何か他のアイテム欲しいな〜って考えた時に、ふと目に入った古びた携帯ケース。
毎日使うものだから、消耗も早いですよね。
そうだ!新しいものに刺繍をつけてみよう!と思って、余っていたサンプルをゴリ押しの「ゴリラグルー」で貼り付けてみました。

適当に貼っただけなのに、カワイイ♪♪♪

可愛いけれど、持ちやすさは皆無です。
でも、いいの。ファッションと同じ感覚で、その日の気分に合わせて着替えるようにケースを変えて、消耗したり壊れたら新しいのを作ろうと、割り切って使ってます。

作ればデザインの練習になるし、実際に作品を使ってみないと、強度とか、使い心地とか、初めてわかることがたくさん。
こうやって物作りの経験値を貯めて、次に活かします。

ハンドメイドって簡単って思われてる側面もあるけど、本当に良いものは、そんな簡単にはできないですよね。

試行錯誤して高みに登るから、面白い。
一生をかけて、自分にとって本当に納得いくものを探る旅です。

smartphone-case

参考:刺繍新聞 2019年11月1日 Numero #13
ミニコラムにて期間限定公開中

刺繍新聞013

使った材料はこちら

オートクチュール刺繍のお店 小さな手芸屋さん

ブログランキング・にほんブログ村へ


プレステポシェット

今は刺繍に夢中ですが、昔はゲームに熱中した青春時代がありました。
そんな昔を懐かしんで、今も遊びたい気持ちを抑えつつ、刺繍に落とし込んだ作品です♪

リュネビル刺繍のポシェット

リュネビル刺繍のポシェット

到達点の1つが垣間見えたような、初めて墓場まで持っていきたいと思えた作品。お気に入り♪♪♪

ブログランキング・にほんブログ村へ