刺繍リボンブローチ

刺繍のブローチの仕立て方 バレッタの応用方法

薄くてもしっかりと硬く、重くならないブローチの仕立て方をご紹介します。
皮とボンドを使った手軽な方法ですが、安っぽくならす、見た目もバッチリです。

刺繍ブローチの仕立て方

必要な材料は、刺繍した生地、裁ち代処理に使うアイロン両面接着シートや布用両面テープ、裏面用の皮など、ブローチ金具、縫い糸。

道具は、ハサミ、縫い針などです。

専門的なものは必要ありません。
どれも通販や手近なお店で手に入ると思います。

まず仕立ての準備段階として、刺繍をアップリケのように、モチーフ状に仕立てておきます。

刺繍のモチーフ仕立ての手順

1, 刺繍の裏側全面に、モチーフよりも一回り大きく、アイロン両面接着シートや布用両面テープを貼り付けます。
2, 刺繍モチーフより5-7mmほど大きく切り取り、周囲に切り込みを入れます。
3, 裁ちしろを裏面側に折り込み、準備完了です

より詳しい写真付きの説明は、こちらの「ビーズ刺繍アクセサリーの仕立て方」という記事にありますので、初めての方はご参考ください。

ブローチ仕立ての手順

1, 裏面に使いたい皮などを、モチーフ仕立てをした刺繍パーツと同じくらいの大きさに裁断します。

刺繍の仕立て方ブローチ

2, 1の中心にブローチピンを縫い付けます。

刺繍の仕立て方ブローチ

3, 2の裏に接着剤を塗るための準備をします。紙の空箱を見つけて、底の中央にブローチピンと同じくらいの穴を開けてください。

刺繍の仕立て方ブローチ

4, 2のブローチピンが3の箱の穴の上に来るように置きます。金具の出っ張りが穴の中に収まって平になり、接着剤が塗りやすくなります。

刺繍の仕立て方ブローチ

5, 皮の裏面全部に接着剤をまんべんなく塗ってください。この時、へらや爪楊枝などを使うと均等に塗れます。

刺繍の仕立て方ブローチ

6, 5の上に刺繍モチーフを重ね、やさしく押さえつけるように圧着してください。乾いたら完成です。
もし皮などがはみ出ていたら、丁寧にカットして整えます。

刺繍の仕立て方ブローチ

バレッタ金具の応用編

今度は、バレッタを作ってみましょう。
金具の端を皮の中に納める方法です。

主に必要な材料・道具はブローチと同じで、金具だけバレッタに変わります。

1, 裏面用の皮に対して、バレッタ金具の位置を決め、金具の両端の位置を印します。

刺繍バレッタの仕立て方

2, 1の印を合わせて皮を横半分に折り、印のところに切り込みの中を入れます。

バレッタの作り方

3, バレッタ金具の両端を2の切り込みの中に入れます。

刺繍の仕立て方バレッタ

刺繍の仕立て方バレッタ

4, 金具の両端と中心をまつります。

刺繍の仕立て方バレッタ

刺繍の仕立て方バレッタ

5, あとはブローチと一緒で、接着剤を使って刺繍と合わせれば完成です。

細身のバングルにも応用してみてください。

刺繍アクセサリー


オートクチュール刺繍を習っている方はよく実感されていると思いますが、刺繍するよりも仕立てる方が実は大変なんです。
仕立て方もそれぞれですし、書籍で専門的に扱われているわけでもなく、作品作りの意外な盲点です。

【小さな手芸屋さん】のブログでは、そうした「盲点」的な豆知識をいろいろとご紹介しています。
これを読んだあとは、ぜひ他の記事もご覧になってくださいね!

刺繍のやり方についてのブログ一覧はこちら
https://blog.petitemercerie.com/category/shishuu-yarikata/

小さな手芸屋さんのノウハウが詰まったデザイナーズ刺繍キットをオンラインショップ販売中です。
オートクチュール刺繍キットの一覧ページ

ブログランキング・にほんブログ村へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です