スパンコールのヴェルミセルの刺繍がま口

プチレッスン de リュネヴィル刺繍
スパンコールのヴェルミセル

リュネビル刺繍を代表するテクニックのひとつにヴェルミセルがあります。

ヴェルミセル(vermicelle)とは直訳すると”麺”のこと。
フランスでベトナム料理やタイ料理のレストランに行くと遭遇することも多い単語です。

リュネビル刺繍でのヴェルミセルは、麺のようにうねうねと方向転換を繰り返しながらチェーンステッチをすることを指します。
小さなビーズでぎっしり面を埋める時にも用います。

ビーズのヴェルミセル

ビーズで刺繍する時によく使われる技法ですが、スパンコールでも用いることができます。
また、ぎっしり埋めるだけではなく、均一に余白を空けてまばらに散らすこともできます。
糸だけを使って、そのヴェルミセルのうねうねの軌跡をデザインとして扱うこともあります。

お花のスパンコール刺繍

スパンコールでぎっしり埋める時はこんな見え方に、、、

リュネビル刺繍のスパンコールでヴェルミセル

スパンコールの色が変わって見えるのは、3色を混ぜて使っているためです。
リュネビル刺繍でスパンコールを刺繍する時は、糸通しスパンコールをフィラガン(という専用の刺繍糸)に移し替えることから始まります。
その時に、同じフィラガンに各色を交互に少しずつ通し替えておいて使うと、まるでゴッホの絵画のようなタッチのヴェルミセルになります。

このようにスパンコールの色混ぜてびっしりヴェルミセルで刺繍をするだけで、細かいデザインがなくても十分に美しい作品ができます。

スパンコールのヴェルミセルの刺繍がま口

この刺繍のがま口に使ったスパンコールはこちら:

スパンコール専門店の小さな手芸屋さんで販売中です。

ブログランキング・にほんブログ村へ


「プチレッスン de リュネヴィル刺繍
スパンコールのヴェルミセル」への2件のフィードバック

  1. 本当にゴッホの油絵のように迫力がありますね!違う種類を一本の糸に使うやり方は勉強になりました。
    さてこちらも取り組んでいた「牡丹」がやっと完成しました^^;
    ブログにアップしたのでお手すきのときにご覧ください。
    http://leesblog.blog.so-net.ne.jp/

    1. 牡丹拝見しました〜今回のも素敵です!!!
      薄紙がふわふわして牡丹の華やかさを演出してますよね。私も勉強になりました☆
      次回作も楽しみにしております!
      本ももう少しで読み終わりそうです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です